人生・哲学

私が恋愛相談をやっている理由

20170323_interview_top-w960
恋愛相談をやっている理由 私は女性が自分の中の愛に気づき、女性の意識が良い方に変われば社会はもっと良くなると思っていて、 その意識改革の最適な方法を色々試してきました。 過去起業した事業は全てその目的のために、ベビーシッター事業やエステ事業をやってきましたが、最終的にたどり着いたのは、 人が変わるのは本人が本当に変わりたいと思ったとき。 それは、その人にとってどうしても手……

完璧主義者の私を受け入れる魔法の言葉

女はみんなバカラである-2
本日カウンセリングに来てくれたクライアントさんが、実践してとても効果があった話を教えてくれました。   彼女は、自分でも言ってたけど、完璧主義で負けず嫌い。 それもあってか、現状に不満を抱えやすく、常にまだ何か足りないと感じていました。 その足りない何かを埋めるために、思考が未来へ向きやすく、今の体感がぽっかりと空いている感じ。   未来で何……

女はみんなバカラである

女はみんなバカラである
我々は、霊的体験をしている人間ではない。 人間的体験をしている霊なのである。 テイヤール・ド・シャルダン   身体がなくちゃ何もできない現世に生きている。 魂には性別はないけど、身体には性別があって、 生まれ持ったその性質に合わせないと、身体が壊れる。 身体という資本、 女の身体という資本とともに生きる。 そんなことをつくづく考えている。……

「赤毛のアン」から大人の女性が学ぶ「普通である勇気」を受け入れてみえる幸せ

about_thumbs_05
大雨が降った翌日のみずみずしい空気に満ちた今日のような朝。 午前中の数時間で、細胞が生まれ変わるような新しい旅を経験したいなら、 ぜひおすすめしたい本があります。 まず本を読む前に、事前準備として、 昨日のブログでも紹介した100分de名著で「赤毛のアン」を観てください。 https://www.nhk-ondemand.jp/program/P20180018510……

40歳の誕生日に届いた5年前の自分からのメッセージ

shutterstock_88288819
今日は40歳の誕生日。と言っても、緊急事態宣言下、予定があるわけでもなく、 自宅でEvernoteのメモを整理をしていたら、 5年前に書いた「35歳からの5年間の生き方」というタイトルのメモを発見。 ちょっとドキドキしながら読んでみる。 2015年3月15日に書かれたメモ。 タイトル:35歳からの5年間の生き方 ☆「子どもを産み育てる」をやる ☆仕事 ……

本好きな子どもに育てる秘訣と男性を輝かせる秘訣の共通点

yomukodomo-yomanaikodomo-01
ある日、仕事で少し落ち込んでいて、娘の「ママー」という問いかけにも、ぶっきらぼうに「うん、うん」と答えていたら、その晩の寝かしつけの時、「ママ、大丈夫よぉー」と娘がベットの中で言うのです。 「大丈夫〜?」は本人がよく語りかけられる言葉だから、おうむ返しのように言うことはあっても、 大丈夫に「よ」をつけて「大丈夫よ〜!」と 私の心境を察し励ましてくれるニュアンスで話してきたのは初め……

賢い女性が一番魅力的で一番モテる!その理由

IMG_2950
仕事ができる、賢い女はモテない。は本当か? 賢い女性は男女問わず魅力的に映るにもかかわらず、「女性はバカな方がモテる」「高学歴・高収入女性は恋愛対象になりにくい」と考えている方に向けてのアドバイス。   ―― あなたはどっちのタイプの女性ですか? A これからは男性も女性もない。平等で機会均等な仕事・ポジション・収入は当然の権利で、公平に能力を認め、カ……

私、充電おわりました!パワーアップして復活!

bible_resurrection-jesus_empty-tomb2
私の娘は1歳9ヶ月になったんですが、肉体的に一番辛かったのは、産後1、2ヶ月。 3時間おきの授乳、じゃ、授乳と授乳の間の3時間は自由なのかと言えば、全然そんなことく。 授乳に約30分。 その間にオムツ交換、沐浴、お着替え、細かくやることがあって、気づいたら次の授乳の時間。 それの繰り返し。座ると出産の傷が痛んで、おっぱいも張って痛くなったりして、それに疲労と睡眠不足が追い打……

隣人から注意されたことで気づいた人生をよくする大発見

rinjinurusai
「なんでえりさんってそんなことまで分かっているんですか?」 と聞かれることがあるけれど、その理由を一つあげるとしたら、 自分の心に少しでも違和感が残ったら、なぜその「違和感」が発生するのか納得いくまで考え抜くからです。 長い時は1週間くらいずっと頭の片隅にこの「しこり」の居場所を確保して置いて、 その間に、様々な角度からの情報(本、ネット、テレビ、雑誌、人の話、街中の観察)……

友達を作らないといけないのですか?

friend
わたしは今代替医療の勉強をしています。 わたし自身、メイクやファッションが好きなのですが、クラスの人は皆スピリチュアルな世界に傾倒しており、メイクをするのはあるがままの自分を受け入れていないことだと考えている人が多く、オシャレやメイクをしている人も殆ど無く、話したいな人もおらず自分の世界で1人で過ごしています。 同じ学校にいるなら卒業するまでの間だけでも自分があまり関わりたいと思わない人たちで……
1 / 812345...最後 »