人生・哲学

隣人から注意されたことで気づいた人生をよくする大発見

rinjinurusai
「なんでえりさんってそんなことまで分かっているんですか?」 と聞かれることがあるけれど、その理由を一つあげるとしたら、 自分の心に少しでも違和感が残ったら、なぜその「違和感」が発生するのか納得いくまで考え抜くからです。 長い時は1週間くらいずっと頭の片隅にこの「しこり」の居場所を確保して置いて、 その間に、様々な角度からの情報(本、ネット、テレビ、雑誌、人の話、街中の観察)……

友達を作らないといけないのですか?

friend
わたしは今代替医療の勉強をしています。 わたし自身、メイクやファッションが好きなのですが、クラスの人は皆スピリチュアルな世界に傾倒しており、メイクをするのはあるがままの自分を受け入れていないことだと考えている人が多く、オシャレやメイクをしている人も殆ど無く、話したいな人もおらず自分の世界で1人で過ごしています。 同じ学校にいるなら卒業するまでの間だけでも自分があまり関わりたいと思わない人たちで……

女性同士の友情・友人関係で大切だと思うことは何か

iStock-504880486_R
こんにちは、植村絵里です。 今日の「絵里さんに質問!」は、 「女性同士の友情・友人関係で大切だと思うことは何か?」   ずばり、「長い目でみる」ということ。 女性は男性に比べて、ライフイベントの影響を内側も外側も大きく受けます。 例えば、付き合う人によって考え方やファッションスタイルが変わったり、 結婚したら、生活環境が変わったり、独身の時より色んな……

【孤独と孤立】コウノドリ&安室ちゃん告白から考える、独身女性の不安を解消するもの

23596673_142120633104011_2441854891082121216_n
こんにちは、植村絵里です。 メルマガ読者さんから下記の質問をいただきました。 =============== 30代の女性です。今、お付き合いはしていないけどよく一緒に飲みに行く50代後半の男性がいます。 彼には一緒に住んでほしいと言われていて、保険金をかけておけばいいとか、この先なにがあるかわからないしいい話だと思うよ?と不安を煽ってきます。 絵里さんのポットキャストを……

「全部ください理論」最も最短距離で本質を掴むための方法

Portrait of young woman lying on blanket --- Image by © Silke Woweries/Corbis
暑さが過ぎて、秋に入る手前のこの時期。 私は毎年「自分の顔に飽きる」という現象がおきます。 だから今年も、秋冬に向けた自分の顔を再発見するために 渋谷のNARS(ナーズというコスメブランド)に行きました。 私のコスメは全部NARS。 NARSでしか買いません。 理由は、発色の良さ、プロフェッショナルクオリティだけど素人にも使いやすい。 毎シーズン新色がでる……

5歳児の天国の作り方

deadliest-mens-health-conditions-01
本当に男と女は見ているものが違うんだなぁと実感するのは、 出張帰りの男性のお客様とお話していると、 「福岡はかわいい子が多い」 「○○はブスばっかりで全然楽しくない」 「新幹線で東京駅に着くと美人が多くてテンションがあがる」 など、5歳児は自分の外見のことはさておき、 街をゆく女性のことばっかり見ているんです。   決して話かけるわけでも、……

「心が洗浄される涙」が女性の人生を輝かせる

lgf01a201412240000
女性は男性よりも、現実的に物事を進めることが得意です。 大きなビジョン(青写真)が見えていなくても、動けるのが女性です。 それは、生命的性差の違いで、見ているものが男と女では違うからです。   男は夢とロマンを見て、女は現実を見る。 昔から女の頭の中は、今日子供に何を食べさせようかと考えるのが仕事。 私の母も夕方になると「今日のお夕食何にしようかな?」……

女はある、男はなる。真逆な男女の「余裕」の醸し方

maxresdefault-20688
「鼻毛が出てても好き」と言われる男でありたい。 だからと言って出すつもりはないけど。 万が一出てても、「それでもあなたが好き」と言われる男でありたい。 これが、私のお店に鼻毛脱毛をしにくる男性のお客様から聞いた本音です。   あえて出すつもりないけど、出てても好きと言われたい。 つまり、世の5歳児たちの本音は、 ・外見で判断されたくない ・内側……

痛みは最小限に、無限の愛を!「No pain, No Gain」のウソ

shutterstock_149643362
皮膚の我慢できないかゆみに塗ると一瞬でよくなる「ステロイド」 ステロイドとは、副腎皮質ホルモンの1つです。 つまり薬と思っているものは私たちの体にある「ホルモン」なんです。 本来なら炎症は自分の体から必要なホルモンを分泌し自己治癒するものです。 それが上手く機能しない時に、外から余分に「ホルモン」を使って治すわけです。 生まれながらに完璧に出来ている体を、 完璧……

不安は嫌いだけど、不安は嬉しいチャンス

20799430_10207904777012155_6752571025046243238_n
先週の日曜日に「5歳児理論実践プログラム」セミナーが無事に終了しました。 ご参加くださった60名の皆様、本当にありがとうございました。 このセミナーの開催を決めたのは、開催の3週間前。 月1で書かせて頂いているDressでのコラム「「男はみんな5歳児である」と思って生きれば、多くの問題は解決する」が空前の大ヒット4.8万いいね、48万アクセスになり、 もっと詳しくこの5歳児……
1 / 812345...最後 »