恋愛・結婚

結婚前に不安になる彼と自分のお金の価値観の違い

FM_81-1-825x510
こんな質問をいただきました。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 私は今、交際1年3ヶ月程の彼氏と同棲しており、先月プロポーズを してくれたのですが、彼の金銭感覚に対して不安があり、前に進めずにいます。 それは彼が同棲前の2年間程、家賃とは別で、給料のほとんどを自由にお金を使っていたようなのです。 借金などはないので、私がとやかく言う事ではないのかもしれないのですが、特に趣味がある人……

男性にポジティブな心配をさせる女性「目が離せない存在」になるために

beautiful-couple-photos-high-resolution-free-download
今日はメルマガ読者さんから下記の質問をいただきました。 =============== 彼の「魂がホワホワした状態」 最大のパートナーシップの「安心」 を彼に感じてもらえるように、絵里さんのメルマガを読みながら運気のいい女性を目指して実践してます。 でも、巷では 「アグラをかかせてはいけない」 「付き合っても男性に追わせてあげなさい」 「少しくらい心配させた方がいい」 と……

勝たせたい男性に出逢った41歳メルマガ読者さんに送った私からのメッセージ

Screen+Shot+2014-06-27+at+12.01.22+PM
今朝メールを開いたら、 メルマガ読者さんからこんな嬉しいメッセージが届いていました! 41歳女性です。 勝たせたい男性と出会いました! メルマガ、私のバイブルです! 嬉しすぎて、お返事を書いていたら、 どんどん長くなってしまって、 お弁当用に煮ていたかぼちゃの煮付けの存在をすっかり忘れ焦がしてしまいました笑 でも、書き終わったら、多くの方に伝……

関係を継続させることがゴールじゃない。 両者が幸せになるハッピーなお別れ5ステップ

20160303162410-businesswoman-speaker-speech-presentation-meeting-conference-talk-seminar-guest
自分が幸せになるための次のステージに、今の彼や旦那様がふさわしくないと思うなら、 別れて次に進む決断をしましょう。   長く一緒にいた方が、その人間関係から忍耐や許しなど学べることが多いとは思いますが、 自分を苦しめてまで、その関係に固執する必要はありません。   人生における本当の学びは、それを手放した時にあるからです。  ……

「とりあえず付き合う」経験を重ねてもいい女にはなれない

best-friends-quotes-boy-and-girl-926
最近よく質問されるのが「とりあえず付き合う」ってどう思いますか?   私が考えるに、とりあえず付き合うという人は2つの理由がある。 1)「とりあえず」という言葉を、自分に対する言い訳にして相手とちゃんと向き合うのを逃げている。 2)もしくは、「セックスは付き合っている相手とだけ」とか「セックスするなら付き合う」とか勝手に自分でルールを作っているから、そのための口実……

憧れの人と付き合わないと、あなたの部屋は一生綺麗にならない

landscape-1435163179-window-cleaning-sunny
先日20代の女性とお食事をしていたら、 「私、全然部屋の掃除ができないんです。 家を綺麗に保つことが大事って頭で理解できるんですが、自分しか住んでないし、どうでもいいやとなってしまいます。」 とお話してくれました。   そんなの当たり前なんです。   「部屋は綺麗な方がいい」そんなこと、みんなわかっているんだけど、それができない。 ……

恋愛とは相手に菌を入れることである

Kiss-addicated-couple-hug-deep-in-love
  男性向けメルマガ「会うたびにモテモテ」にお送りしたメルマガが大好評だったので、 こちらのブログでもご紹介します。   こんにちは。 植村絵里です。   今日もとっておきのモテ理論をお伝えします。   「あなたが好きです。付き合ってください。」   って告白して  ……

5歳児理論の誕生の秘密

スクリーンショット 2017-07-22 19.16.54
こんにちは。植村絵里です。 ブログやポッドキャストでは1年以上前から「5歳児理論」についてお話してきましたが、 ここにきて急に注目を浴びるようになり、改めて、なぜ私がこの「5歳児理論」に至ったのかをお話できればと思います。 少し長いですが、どうぞお読みください。   私は28歳の時に女子大生によるベビーシッターサービス事業で起業をしました。  ……

2017年版トレンド服という名のリアルモテない服ベスト5

shopping
アパレルからモテる都合のいい服 モテ服と言われている服は、本当のモテ服ではありません。 じゃ、なんなのか?と言ったら、 モテ服という名の付いた、アパレル業界が一番売りたい服です。   計算されたデザインが不要だけど、 ぱっと見で過去のトレンドと違いのわかる、 まだみんなのクローゼットにカブるアイテムがなく、 よい素材じゃなくてもなんとなくカタチ……

いつでも脱げるカラダ、いつでも呼べる家

lgf01a201408061900
本気で男性を必要としているか? 「ママは、女がひとりで生きていけると思ってないもん」 以前、母が私に言った言葉。   女性が自分の人生戦略を考える時、 まず決めなくてはいけないことは、 自分の人生という脚本に、男性のパートナーが必要なのか? ということです。   ここがブレていると、仕事も恋愛もうまくいきません。 なぜなら……
1 / 612345...最後 »