書籍

私の離婚の理由

erisan_book1

購入はこちらから→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

内容紹介
◆本のタイトルになっている「私の離婚の理由」

これは、2014年10月に自身のブログ内で書いた記事のタイトルです。1日のアメブロのページビュー数は16万を超え、アメブロ社長カテゴリ1位、アメブロ全体でも5位、このひとつの記事に1万9千「いいね」がつく大ヒットとなりました。

それから一時期、「植村絵里=離婚の人」というイメージがついて(笑)本当のところ少し違和感がありました。でも、その時思ったのは、今の日本では3組に1組が離婚するにも関わらず、実名顔出しで赤裸々に実体験を語っている人がいないということ。

そして、世の中は空前の婚活ブームだけど、みんなただ結婚したいだけじゃなくて、真のパートナーシップやこれからの時代を生きる女性の真の幸せな生き方について実は悩み迷っていて、実体験を元にした色んな考え方に興味があることを実感しました。

◆「なんで離婚したんですか?」

もう離婚してから同じ質問を何回受けたかわかりません。「私だって明確な理由があるなら知りたいよ!」と本当は突っぱねたいくらい、理由はひとつじゃないし、私が思っている理由が本当の理由じゃないかもしれない。

それは今となっては誰にも分からないことだし、本当の理由を知ったところで何が変わるわけでもない。

大切なのは離婚という過去の経験に私がどんな意味をもたせるか。そして、これから先どのように生きていくか。

◆女性は生まれながらにアーティストです。

内面も外面も一生かけてクリエイトしていくものです。つまり一日一日が気づきと学びの連続であり、一生成長段階であり、途中段階です。

本書に収められた21個のコラムは私が女性として、ビジネスウーマンとして生きる日々の実体験から湧き上がってきたその時々の想いや気づきを言葉にまとめたものです。

現代日本のど真ん中東京で生きる私のリアルな生き様が詰まった21個のコラムとの出逢いが、今まで以上に女性であることの素晴らしさに気づき「自由と勇気」を手に入れるキッカケになれたら光栄です。

<読者から寄せられた感想>

「この本には小さな宝石のようなヒントが散りばめられています。私はもともと自己啓発本が苦手でした。一方的に作者の考え方を顕示しているような感じがどうも苦手で、ほとんど手にとることはありませんでした。でもこの本にあるのは堅いルールや方法論ではなく、一女性としての気づき、そしてついシェアしたくなる生きるためのヒントたちでした。一気に読むもよし。つまづいたときに読み返すもよし。ずっとそばに置いておきたい一冊です。」
−30歳女性

「もともと著者のブログのファンで読んでいたので待望の本でした!自身の体験に基づく学びはどんな女子にも当てはまることばかり。女性らしく、品格のあるライフスタイルを送るためのヒントが凝縮されている一冊。」
−32歳女性

「最悪のデートのコラムは思わず笑いながら読んでしまいました。男性に対して、どうしてこうしてくれないの?私だったらこうするのに、気がきかないな〜と、読みながら正に同じことを感じていました(笑)1つ1つのコラムの結論がいつもハッとさせられるものばかり!この本から自分を愛することの本当の意味を教えてもらいました。」
−29歳女性

「女性のあり方が多様化しているなかで、自分はどう生きたいか、今までの価値観にずれを感じたり、悩んでいる方におすすめです。 著者の体験を通して語られているので、おもしろく、優しく心に響く内容です。 必ず共感できるエピソードがあるはずです。」
−33歳女性

<目次>

まえがき

1.私の離婚の理由

2.自分の理想の女性になる方法

3.偽ポジティブに気づいた時から世界が変わった

4.私の考える「美しさ」とは

5.幸せはもらいものではなく、自ら作り出し、分け合うもの

6.彼氏にイライラしなくなる魔法の考え方

7.彼氏ができる前にやっておく大切なこと

8.男は度胸、女は愛嬌!毎日簡単にできる愛嬌力の鍛え方

9.キレイなのに印象に残る人と残らない人の違い

10.映画「博士と彼女のセオリー」心に残った一言

11.我が家の家訓

12.視力を1ヶ月で取り戻した奇跡

13.答えは自分の中にある

14.最低なデートから学んだ人生で大切なこと

15.強烈な想い出メーカーになろう

16.人に甘えることを知ってアルコール依存を克服しました

17.仕事に生きるのか?愛に生きるのか?

18.現金を拾ったらどうする?

19.結婚させたがる母親の態度を180度変えた文章

20.新・私の離婚の理由

21.20代女子に捧げる詩

あとがき

SNSでもご購読できます。