vol3.タイミングをあげよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
img_7860

 

直感をキャッチできる人

直感が鋭い人というのは、日々、タイミングに注意を払っている人。

なぜなら、直感は理由のないヒラメキではなく、

日々の観察・経験の積み重ねによる、無意識下の判断

だからです。

つまり、

「自分の感覚で行動する→経験する→感じる」

の繰り返しを沢山積み重ねた人の無意識下に言語化されてない「感覚」という情報が蓄積されて、

それが外界で何かを察知した時に自分の内側の情報とマッチする。

これが直感というもの。

だから、直感を鍛えたいなら、とにかく、自分の感覚で動いて、自分の内側に感覚という情報を貯めることが一番大事。

会いたい人に会えるという奇跡

会いたい人に会える、時間を一緒に過ごせるというのは、約束すれば叶うことではなく、

本当は、いくつもの偶然が重なった奇跡の賜物。

でも多くの人は「会いたい人に会える」ことを当たり前だと思っているように感じます。

私が「人に会う」ことに価値を感じるのは、店舗経営をしているからです。

お客様が来店してくれるというのは幾つものミラクルの結果だからです。

いくつものお店の中から、私のお店を選んでくれた奇跡。

お客様がご希望される日時に、お店の予約が空いているという奇跡。

予約当日にお客様の体調が良くお店まで来られるという奇跡。

お店に来るまでの道のりで何のトラブルもなく、公共機関の乗り物が問題なく動いてくれたという奇跡。

再来店の場合は、上記に「また行ってみよう」と思ってもらえた奇跡が加わります。

「会いたい人に会える」のは、奇跡の連続で叶うものです。

本当に「逢いたい」時は、「今すぐ」

これだけ沢山の人がいる中で、

私に「逢いたい!」と言ってくれることも奇跡だと思っています。

だから、可能な限り、相手の希望する時に逢える自分でいたいと思っています。

ひとりで出来ることはなるべく早く済ませて、いつでも動ける状況を作れるように心がけ、

体調が万全でいられるように食事や生活に気をつけ、

自信を持って笑顔で会えるようにいつも身なりを整えておく。

日常生活を丁寧に暮らすというのは、自分の為だけでなく、私を求めてくれる相手の為でもあるのです。

その根底にあるのは、全て「タイミングをあげる」ためです。

なぜなら、多くの場合、本当に「逢いたい」時は、「今すぐ」だから。

人の感情が一番盛り上がった時の、「今」というタイミングを大事にできることは

その人を心から大事にすること。

この「逢いたい!」を与えられる人、タイミングを与えられる人でありたい。

これが私のあり方で大事にしていることの1つです。

タイミングをあげる

今、会いたい。

今、話したい。

今というタイミングが一番のプレゼント。

奇跡は今という瞬間に起こる。

自分のことはひとり時間に全部終わらせてとく!

それでは、会うたびに美しく!

img_7861

———————————————–

1月31日セミナー開催します!

その前に是非下記の動画をみてください!明日から使えるヒント満載!

vol.1「部下が自主的に働く!効果的な仕事依頼の伝え方」

vol.2「部下のモチベーションをアップ!効果的な褒め方&声がけ」

詳細はこちら→http://www.beautiq.jp/lp/neage.pdf

————————————————

【Podcastが大好評!!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」
ここから無料で聞けます↓
http://apple.co/2erZ4RX
14101667_1214614111894215_1695952220_n

【私の美学が詰まった本もあります】
タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

erisan_book1

【メルマガ登録がまだの方は是非登録してくださいね!】

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*