直感力の鋭い女性が意識してやっていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
16997885_10206750988848172_1906216278741165470_n

写真は、先日仕事の後に直感でひらめいてLiveを聴きに行った、Blue Noteでの一コマ。

前回のブログで、また会いたいと思われる女性の2つのポイントは、

「安らぎ」と「刺激」といいました。

男性にとって最高の「刺激」のひとつは、女性の直感力です。

今回のテーマは女性の直感力をあげるために必要な「人生の学び」を得る方法です。

 

なぜ人生の学びが必要なのか?

人生は決断の連続です。

朝、目覚ましが鳴った時に、あと10分寝るのか、すぐに起きるのか?

昼、パスタにするのか、定食にするのか?

夜、あと1時間あれば終わる仕事を今やるのか?明日に先延ばしにして飲みにいくのか?

常に選択と決断を繰り返した結果が今日という一日になります。

その時一番大事なのは

直面する事態により素早く、より的確に決断できること。

つまり

どこで検討を終わらせ、決断を下すのか?

そのために、人生の学びが必要なんです。

 

「直感の源」

目の前に与えられた選択に対して素早く的確に決断を下すためには、

・与えられた情報の先を読む力

・情報の取り方と取捨選択の力

の2つの力がポイントです。

そして、この力は、

経験に基づいた無意識下のデータベースの質と量に比例して発揮されます。

「無意識下のデータベース」というとわかりにくいですが、

私はこれを、「人生の学び」を溜める「直感の源」とイメージしています。

この直感の源にどれだけ「生きた情報」を溜めれるか。

これこそが、

素早く的確な意思決定を下すために必要なことです。

 

机の上で学べないことが一番価値がある

つまり、「人生の学び」とは「生きた情報」のことです。

私の母は、昔から勉強が大好きな私にいつもこう言っていました。

「お金と時間は、本やセミナーに遣うんじゃなくて、

美味しいものを食べたり、高いお洋服を買ったり、色んな所に行ったりする、

そういう経験に遣うものなの。

お金を払って、机の上で人生の学びを得るなんてできないの。

お金を遣って楽しんだり、時には失敗したりして、

身体をつかって、動いて、感じる、実の経験からしか

人生で本当に大切なことは学べないのよ。

そうやって気づいたことしか、使えないし、身につかないのよ。」

 

セミナーは内容を買うものじゃない

誤解がないように補足すると、

セミナーが悪いんじゃなくて、セミナーの「内容」には、人生の大切な学びはないということです。

でも、「セミナーに参加する」という「経験」からは、

その人に既に蓄積された「直感の源」の質と量に比例して沢山の気づきと沢山の学びがあります。

だから、セミナーを買うというのは、内容を買うのではなく、

海外旅行に行くくらいの行動レベルで、セミナーに参加するという体験を買うつもりであれば、

セミナーにも人生の本質的な学びがあります。

私自身、セミナーを開催する立場として、元も子もないことを言っているようですが、

セミナーで学べるのは内容ではなく、

その日に朝起きて、電車に乗って、会場に到着して、色んな受講生を見て、講師の気に触れて、会場の空気を感じて・・・そいういうことに本当の学びがあります。

だから、内容より、講師がどんな人かが大事ですし、極論セミナー会場が例えば行ってみたいホテルだったら、もうそれだけで行く価値があります。

 

経験して得た学びは忘れていても息を吹き返す

内容なんて数日経ったらほとんど思い出すことはできません。

ノートを見直さない限り。

ノートを見ても何のことだったかさっぱり分からないこともあります。

でも、

経験を通して感じたことは、普段は忘れているけど、

何か起きた時に、フト脳裏に浮かんで、その感覚が生きてきて、然るべき方法や道を示してくれます。

そう。経験して得た学びは、普段忘れているのに、息を吹き返す瞬間が必ずあります。

こういう人生の道しるべとなる感覚をどれだけ自分の中に蓄積しているか?

ここが直感で生きる人と、

目に見えるものや科学的に立証された論理・分析・統計に頼って生きる人の差です。

 

女性の直感力をあげるもの

女性は直感力が鋭いといいますが、

女性に生まれただけでは発揮することはできません。

真の女性らしさを発揮する人は、自ら考え行動して、学ぶ人です。

気づくとは、傷付くことです。

どうか、傷つくかもしれない体験から逃げないでください。

傷付いても、必ずそこには人生の大切な学びという「気づき」があります。

それこそが、女性らしさの特徴のひとつであり、

男性にとっての未知なる「刺激」でもある、直感力をあげます。

「どこで検討を終わらせ、決断を下すのか?」

今ほど、女性の直感力が求められている時代はありません。

直感の源を豊かにする体験を惜しまないで生きましょう。

 

それでは、会うたびに美しく!

 


最新ポッドキャストが配信されました!

【結婚前に女性が社会で仕事をする意義】
「私には学生時代から好き合っていた彼氏がいます。社会人になったらすぐ結婚しようという約束をしていました。自分もすると思っていたので、あまり真剣に仕事に向き合っていなかったのですが、彼は仕事に打ち込むようになってきて、その約束がいつ果たされるのかわからなくなってきました。どうしたらいいでしょうか?」

という質問にお答えしています。

PODCASTS聴いてください!
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」
ここから無料で聞けます↓
http://apple.co/2erZ4RX
14101667_1214614111894215_1695952220_n

【私の美学が詰まった電子書籍もあります】
タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

erisan_book1

【英語翻訳バージョンはこちら】
タイトル:「Embracing My Divorce」

http://amzn.to/2jugZwg

スクリーンショット 2017-01-18 8.34.28

————————————————

【メルマガ登録がまだの方は是非登録してくださいね!】

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*