「あまのじゃく検索」でダイエット情報の真実に近づく方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
IMG_9789

成城石井スーパーの入口に高く積まれたこの商品。

デーツ DATES

ナツメヤシの実のドライフルーツ。

甘くてネットリした風味で、食べ慣れると結構おいしくて、続けていくつも食べてしまう危険な食べ物。

 

私は食べ物に関して、「これは食べちゃダメ」とか考えずに、

何でも好きなものを好きなだけ食べるようにしています。

好きなものを好きなだけ食べたらデブまっしぐら?!

と思いますが、

10代から様々なダイエットを経験した結果、長い目で見たらこれが一番ストレスがたまらず、結果太らない方法だからです。

もちろん、来週の結婚式までに◯キロ痩せたい!というような短期的な目標がある場合は、食事の制限は有効です。

でも、私達はハリウッド女優のようにレッドカーペットの上を歩く時だけ、最高に美しい状態を保てばいいというものではなく、毎日が晴れ舞台!

日々、人生至上最高の美しさを更新したいわけです。

つまり、美しさは一生をかけてつくる長期戦。

その時に、短期的ダイエットではストレスとリバウンドの繰り返しになります。

 

とは言いつつ、

テレビをつければ、雑誌を開けば、日々新しいダイエット方法やスーパーフードの情報が更新され、

これを完全に無視して生きるのは至難のワザ。

 

私の家から一番近いスーパーである「成城石井」はこういう情報にすごく敏感で、マーケティングにたけていて商売上手だなぁとビジネスマンとしていつも感心させられるのですが、

「今話題のスーパーフード◯◯!」

というPOPと共に、目新しい食べ物が次々並びます。

「こないだまでここの棚にあったものはどこに行ったのだろう?」

「こないだまで身体にいいと言ってたものはもう古いの?」

と思わずにいられないほど、

人の身体をマーケティングの実験台にしているかのように、健康にいい、ダイエットに効果がある、という甘い文句で消費者の欲望と購買意欲を掻き立てるのに卓越したスーパーです。

 

資本主義ビジネスとは消費者に不足と不満と恐怖を感じさせて、新しい商品を常に購買させることで、消費者の不安を解消させる仕組みなので、こういう現状はしょうがない。

でも、私がいつも恐ろしいと思うのは、

たかがテレビや雑誌の特集で取り上げられてたこと、たかがスーパーのPOPを、消費者が盲目的に信じてしまうということです。

 

私もご多分に漏れず、成城石井で入口に積まれている(スーパー側からしたら一番買って欲しい商品)「デーツ」を購入している消費者です。

 

でも、POPに惑わされて買っているわけではなく、本当にデーツが好きだから買っているんですが、

こういうデーツのように、日本に昔からなかった食べ物に関しては、家に帰ってから必ず検索するようにしています。

 

いよいよ、このブログの本題なのですが、

 

その時の検索ワードは、「あまのじゃく」であることが重要です。

 

身体に悪いものをお金を払って積極的に食べることは絶対にありませんね。

私も、デーツが身体に悪いと思って食べているわけじゃありません。

どちらかというと、ミネラルや色んな栄養素が含まれていて健康的な食べ物と思っています。

でも、これを身体にいいという情報だけを鵜呑みにして食べてたら、供給側の思うツボ。

そうじゃなくて、結局は食べるんだけど、

身体に悪い側面も知りつつ摂取することが自分の身体を守り、情報に左右されず、物事の真偽を見極めるために大事です。

 

つまり、

「デーツ 身体にいい」

と検索する代わりに、

「デーツ 身体に悪い」

「デーツ 太る」

と検索するということです。

 

面白いことに、デーツが身体にいいという情報と同じくらい、デーツは太るとか食べ過ぎると危険という情報が出てきます。

 

両方の側面からの情報を知った上で、

「なるほど、1日に2個くらいなら可もなく不可もないんだな」ということが分かるわけです。

 

可もなく不可もないのに食べるの?って感じですが、そもそも嗜好品なんてそんなもの。

食べたいから食べる、それ以上の理由なんてありません。

 

なぜなら、

これを食べたら絶対に身体にいいなんてものはないからです。

ここを忘れてはいけません!

 

だから、ヘンな情報にとらわれるより、食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べる。

 

外部の情報より、頼りになるのは自分の身体のサイン。

食べたいものを、食べたい時に、食べたいだけ、食べてごらんなさい。

気持ち悪くなったり、肌にブツブツができたり、だるくなったりしますから。

それを繰り返していけば、必ず、あなたの身体の適量、適正がわかるんです。

これこそが、自分が信じる唯一の情報です。

 

食べ物だけでなく、情報に接するには常に「ポジティブ」と「ネガティブ」の両方の側面を知ろうとする態度が大事。

そして、本当は、検索より本よりも近くにいる年長者に聞いてみること。

長年の経験値以上の情報はありませんからね!

 

それでは、会うたびに美しく!

 

この記事の続きはこちら↓

両親の認知症リスクを減らし、人生を劇的に幸せにする最も簡単な習慣

 

【メルマガ登録がまだの方は是非登録してくださいね!】

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc


毎週月曜日18時に最新ポッドキャストが配信されます。

今週のテーマは、
「好きになった5歳児からプロポーズの言葉を引き出した唯一の方法とは?」

というテーマで話しています。

PODCASTS聴いてください!
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」
ここから無料で聞けます↓
http://apple.co/2erZ4RX

【私の美学が詰まった電子書籍もあります】
タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

erisan_book1

【英語翻訳バージョンはこちら】
タイトル:「Embracing My Divorce」

http://amzn.to/2jugZwg

スクリーンショット 2017-01-18 8.34.28

————————————————

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*