女はある、男はなる。真逆な男女の「余裕」の醸し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
maxresdefault-20688

「鼻毛が出てても好き」と言われる男でありたい。

だからと言って出すつもりはないけど。

万が一出てても、「それでもあなたが好き」と言われる男でありたい。

これが、私のお店に鼻毛脱毛をしにくる男性のお客様から聞いた本音です。

 

あえて出すつもりないけど、出てても好きと言われたい。

つまり、世の5歳児たちの本音は、

・外見で判断されたくない
・内側から魅力あふれる深みのある男でありたい

のであります。

 

心の底からこう切実に願いながら、
日々慣れないスキンケアやヘアセットをして、女性から「好き」をもらうために頑張っているのです。

 

私が施術者として様々なお客様をみていて実感しているのは、

身だしなみに意識がある人は「余裕がある」

身だしなみに意識がない人は「余裕がない」

これは金銭的な余裕だけでなく、心の余裕も含め、生きる力、「生命力」と言うものです。

 

余裕があるから、身だしなみを気にできるのではなく、

身だしなみを気にしているから、男としての余裕が出てくるという順番です。

 

鼻毛のケアをしている人は、鼻毛が出てても「かっこいい」と思えるような人間力のある男性で、
身だしなみに全然意識がない男性こそ中身も浅くてイケてない人が多いのです。

 

男のかっこよさとは「余裕」です。
男性の余裕を作るのは、自分の限界をみた経験です。

だから、スポーツでも仕事でも限界までとにかく頑張る。

 

自分の体力の限界ギリギリで何かを成し遂げた経験がある男性は無条件にかっこよく、この力強い生命力が男の余裕を生み出します。

 

この男の余裕というオーラが女の目には頼もしくセクシーに映るのです。

 

男で余裕がない人は、限界をみたことがない人です。
限界ギリギリまで何かに挑戦したことがない人。いつも守りに入っている人です。
こういう男性は、どんなに身だしなみが整っていてもやっぱり女からモテません。

 

では、女の余裕は何かというと、男性の真逆。

女性の大きな存在感という余裕は、無理をしないことで醸し出されます。

つまり、女性のままである人。

 

子供を産み育てるように出来ている女性の身体は
そもそも限界ギリギリまで頑張れないように出来ています。
筋肉量も少なく、動き回ることに不向きです。

女性は疲れやすく、それは、ネガティブなことではなく、
ゆっくりしなさい、一息つきなさいという体からのサイン。

その方が、女性らしく、美しく健康でいられますよというサインです。

 

それなのに、本来備わっているストッパーを超えて(無視して)頑張りすぎの女性がとても多いのが現実です。

その理由は、

女性の方が信念が強く、ひとつのことを深く掘り下げたり、同時に様々なことを考えたり、細かい作業を正確にやる能力が生物的な特徴として総じて男性より高く、

その能力の高さが、社会から求められているからです。

「女性の方がしっかり仕事をしてくれる」と漏らす経営者が多いのも事実。

 

でも、性差として備わったこれらの高い能力はすべて「種を守り、種を残す」本能から来ています。

会社の仕事をするために備えられた能力ではありません。

 

だから、この使い道を間違ってしまうと、頑張れば、頑張るほど、(表向きの仕事の評価以外は)全てが上手くいかない、という状況になります。

心がギスギスする、目つきが怖くなる、自分にも他者にも優しくなくなる、体調を壊す、肌が荒れる、ニキビができる・・・

 

頑張れば頑張る程、余裕がなくなるが女性です。

ここが男性とは真逆なのです。

 

ある本に素晴らしい言葉をみつけました。

「女は在る(ある)、男は成る(なる)」

 

女性で余裕のある人は、何かになろうとして無理をしない人です。

なぜなら、女性は「なる」のではなく、「ある」のだから。

 

女性は生まれながらに体は弱く、心は強く、優しく、調和を重んじるようにつくられています。

それを壊さないように成長すること、生きることが大事です。

 

女性は自分の内にある力に気づき、育み、周りに与えていくこと。

男性は元々あるのではなく、限界をみることで本物の男になるのだから、
彼らが力強く物事に向かえるように、笑顔と優しい言葉と眼差しと態度で「男になる道」を支え、限界を超えて頑張れる力を与えてあげることです。

 

これは自分のパートナーにだけでなく、職場でも同じことです。

「女はある、男はなる。」を心にとめて日々を生活してみる少しずつ違ってきますよ。

 

「自分が女である」という認識を深めていくことは、
自分の内なる未知の可能性に出逢い
それを開花させる喜び、

自分にしかできないことで他者の役に立ち
「ありがとう」と言われ、

「(自分のためではなく)誰かのために何かが出来た」という
深い実感を通じて絶対的な自信を獲得する

ことにつながります。

私がブログ・Podcastなどでいつもお伝えしている
周りを輝かせて自分も輝く女性の新しい自己実現の方法

「5歳児理論」のスペシャル講座

の無料説明会を9月9日(土)18時から行います。

もう数日後に開催なのですが、

ピンと来た方は是非ご参加ください。

詳細&お申込みは下記のURLからどうぞ。

http://internationalpublishers-syndicate.com/uemura/eri_uemura_free_guidance1.pdf

 

それでは、会うたびに美しく!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*