女性同士の友情・友人関係で大切だと思うことは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
iStock-504880486_R

こんにちは、植村絵里です。

今日の「絵里さんに質問!」は、

「女性同士の友情・友人関係で大切だと思うことは何か?」

 

ずばり、「長い目でみる」ということ。

女性は男性に比べて、ライフイベントの影響を内側も外側も大きく受けます。

例えば、付き合う人によって考え方やファッションスタイルが変わったり、
結婚したら、生活環境が変わったり、独身の時より色んな制限が多くなったり、
さらに、子どもが生まれたら、時間の使い方や外出に関する考え方、お金の使い方、物事の優先順位などなど

本当に色んなことがライフイベントによって変わります。

「あれ?○○ちゃんってこういう人だったけ?」とか「○○ちゃん、なんかすごく変わってしまったな」

と感じることが多々あると思うんですね。

それで、寂しいな、とか、昔はこんなじゃなかったとか、落胆したり悲しい気持ちになったり裏切られた気持ちになったり疎外感を感じたり、
まぁ色々と心が傷つくことが起きるわけです。

その時に、女性にとっては相手を理解できることや、同質であることが大事であり安心できるので
すぐに友情にも白黒つけたくなるところがあると思うのですが、

そこはグッとこらえて、「長い目でお付き合いする」というのが女性同士の友人関係で大事だと思います。

子どもが生まれたばかりは付き合いが悪くなったと思っても、
子どもはいつまでも小さいわけじゃないですからね。
数年経ったら、あの時の○○ちゃんに戻っていることが多々あります。

結婚したら、家庭の方が大事になって、なんだか冷たくなったなと思ったとしても、
数年経ったら、問題を抱えているとか離婚したとか、色々ありますからね。

その時に、やっぱり、昔から知っている友人で変わらずにいたあげることが一番の友情なのかなと思います。

あと、女性はおしゃべり、必要じゃないこと、人のことについても、いくらでも無制限に会話できる生き物です。

その反面、男っていうのは、自分のことは話したがらないし、相手についてもそんなに詮索しない、興味がない。

だから、女同士が集まるとどうしても「噂話」が多くなる。

そして、その中には、悪口も含まれてきてしまう。

こういう女性の強い共同体意識コミュニケーションが時には悪く出ることがあります。

とにかく、自分だけは、絶対に噂話をしないこと、悪口はもっての他。悪口が出たら、席を離れる。
自分は同意してないから、聞くフリだけしている、というのはNG。
その場にいた人はみんな共同責任がありますからね。

そういう風にして、噂話や悪口に対して徹底的にかかわらない態度を意識するのが、

女性の友情を長い時間かけて築いていくには大事だと思います。

 

先日、小学校〜大学まで一緒だった友人と10年ぶりくらいに再会してランチをしました。

普通こういう時その場にいない懐かしの同級生の名前を出して、

「Aちゃんって最近何してるの?会ってる?」という話題がでるものですが、

この友人とは、当人ふたりのこととその家族以外は全く話題になりませんでした。

ランチが終わって別れた後もすごく清々しい気持ちだったし、振り返って、この友人の品の良さはこういうところにあるんだなぁとしみじみ思いました。

どんなに共通の友人が多いとしても、その場にいない人のことを話題に出す必要はないなと改めて思いました。

 

それでは、会うたびに美しく!!

 

3月18日にセミナーを開催します。

詳細はこちらから→「植村絵里の常識とはちょっと違う夢活&妊活&妊娠ストーリー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*