新規は沢山あるのに2回目、3回目のデートがない人の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
新規デート

新規のデートのお誘いが沢山ある人は、ズバリ外見が綺麗な人。

見た目が9割というように、二人でゆっくりお話をするデートの前に、あなたの考え方、性格など中身はハッキリ分かりません。

新規のお誘いは沢山あるのに、2回目、3回目とデートのお誘いが続かない人がいます。

人間関係はリピートです。

つまり、「また会いたい!」と思ってもらわない限り、人間関係を築くことはできません。

では、なぜリピートしてもらえないのか?

それは、あなたが彼にとって「また会いたい人」ではないからです。

また会いたい人ってどんな人ですか?

・一緒にいて心地がいい
・一緒にいて楽しい
・沢山笑ってくれるて嬉しい
・思いやりを感じる
・勉強になる
・学びがある
・気づきがある
・自分の世界/可能性が広がる感じがする

色々ありますが、最終的にこの2つに集約されるのではないかと思います。

・話しを楽しそうに聞いてくれる

・話しが面白い

こちらに興味を持って楽しく人の話しをしっかり聞いてくれるから、

・一緒にいて心地がいい
・一緒にいて楽しい
・沢山笑ってくれるて嬉しい
・思いやりを感じる

色んな体験・経験が豊富で話題が豊富、人の気持ちを察知できる人間力があり、その人の独自の考え方があるので、話しが面白いから、

・勉強になる
・学びがある
・気づきがある
・自分の世界/可能性が広がる感じがする

このように、

また会いたい人の理由を考えると、「人の話しを聞ける」「話しができる」
そりゃそうだなと思います。
だって、デートの時にすることって基本「話し」ですもんね。

人の話しを聞いてリアクションができるのも、
相手が飽きないように話せるのも、

ベースにあるのは、感性が豊さ。

だから、感性が豊かな人は、また会いたい人なの。

新規のデートの誘いはあるのに、2回目、3回目がない人は、

外見磨きはもう十分できているから、次は、感性磨きをしましょうということ。

感性を豊かにするのは、観察力と文化度です。

詳しくは、「美しくなりたいなら、美術館に行きなさい」を読んでください。

感性が豊かな女性はモテる。

感性が豊かな女性といると楽しいから、勉強になるから、刺激が沢山あるからです。

「へーこういう見方もできるんだ。こういう楽しみ方もあるんだ」ってその女性に会うたびに発見がある。

例えば、食事に行った時に、「ここは器も素敵だね!」と女性が言うことで、男性はお皿の上に乗っているモノだけじゃなくて、器も嗜むことが食事の楽しみ方なんだということを知るのです。

男性はこういう女性とまた会いたいと思います。

なぜなら、男性は物事を多面的に感じることが得意ではないから、彼女の感じる心を通して彼女の見てる世界を見ることで、世界を広げ「感性」を豊かにできるからです。

はじめから感性が豊かな男性はいません。

もし感性が豊かな男性がいたら、それは女性に引き出されたということ。

それはお母さんかもしれないし、過去の女性たちかもしれないけど。

あなたの感性が、男性をもっと魅力的にします。

グレートマザーは豊かな感性で男性を魅力的にします。
豊かな感性が子どもの世界や可能性を引き出します。

それでは、会うたびに美しく!

続きはこちらをお読みください→「はじめから感性の豊かな男性はいない」

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*