ブランドバックがあなたの価値を下げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
hermes-birkin-bag-retrospective

今思うと、

なんであんなに執着してたんだろう?
なんであんなに欲しかったんだろう?

と思うもの。

それが、ブランドのバックやブランドのジュエリー。

ブランドバックは1つ20万も30万もするから、(Hが付くブランドなら50万も100万も!)
1ヶ月のお給料に相当する程の値段で、普通に考えたら若い人が持ってたらすごくオカシイこと。

借金して買ったのか、不思議な関係の男性に買ってもらったのか、夜のお仕事してるのか、と他人から想像されてもおかしくない看板をぶら下げているようなもの。

もし、買える程のお金があったとしても、そういうモノにお金を遣うような人に思われるだけ。

私は高校生の頃から、母のクローゼットを物色して勝手に色んなブランドモノを拝借していましたが、

母はそんな私を見つける度に「身分不相応だからおかしい」と言って、私からブランドモノを取り上げていました。

それに対して私は悪びれる様子もなく「みんな持っているもん」って言い返してたけど、

今となれば当時の私に対して、
「みんなって誰だ?」
「みんなが持ってたらあなたも持つものなの?」
とツッコミたくなる程はずかしい。

海外セレブとか、海外ドラマを見ていると、10代や20代の若い女優やモデルがブランドモノを持っているけど、あれは完全なる広告。

あれに憧れて、鵜呑みにして、ブランドモノが欲しいと思っているなら、広告に洗脳されているから目を覚ましてもっと現実をみなさい。

と当時の私に教えてあげたい。

自分の稼ぎで生計を立てて約13年、自分で事業をやって人を雇うようになって約8年、
やっと、母が言ってた「身分不相応」という言葉の意味がよく分かるようになりました。

身分不相応に含まれた意味というのは、

ブランド物を持ってもあなたの価値は上がらない。

それならまだいい。

だけど現実は、

身分不相応なモノは、あなたの価値を下げる。

ということなのです。

自分のエネルギーと時間を遣って稼いだ大切なお金を、自分の価値を下げるものに貢いでたら本当に意味ないよ。

素敵なモノを身に着けて気分が上がる、というのは分かる。

だけど、

大事なのは自分の気分より、
周りの人から可愛がられるってことだから。

周りの人から可愛がられたら、沢山のチャンスをもらえるし、色んな世界を見れるし、結果ブランドバック持つより気分があがります!

先日、職業は「ご自分の資産管理」という母の友人の男性の65歳のバースデーパーティに呼んで頂きました。

ゲストは政治家、映画監督、外資企業の経営者、タレント、その奥様方などとても華やかなパーティで、私がほぼ最年少。

仕事の後に駆けつけたので、ネックレスもピアスも指輪も全部忘れて身につけているものと言えば洋服だけ、という状態で参加。

でも逆に、何も付属品を身につけてなくて、本当に良かったと思いました。

経験も知恵も人を見てきた数も圧倒的に多い方々を前にして、「身分不相応」なものは一層際立って、滑稽にみえます。

彼らには、そのブランドモノがいくらか、あなたが稼げるお金は大体いくらか、全部分かっているから、

「なんでこんなモノを持っているのかしら?」って思われた時点で、知性と品性がない若者とカテゴライズされてると思った方がいい。

だからと言って、

ダサくて、TPOがズレてて、体型や肌色に似合わないモノを身に着けていたら、自分を分かってない人になるし、

全身ブランドモノとジュエリーで固められていたら、社会的立場を読めない人になるし、

賢くないと、その場に相応しい素敵なオシャレはできません。

私は部下にいつも「可愛がられる人になりなさい。それが一番大事だから。」って伝えています。

なぜなら、人生を毎日幸せに、夢を叶えながら、素敵な人に囲まれて過ごしたかったら、
どれだけ早く本質の情報と本質で生きている人に近づけるかしかないから。

Googleで検索してアクセスできる情報は、誰でも入手できる、信憑性も確かじゃない情報。

近頃キュレーションサイトが問題になっていましたが、WEBに載っている多くの情報は、誰かの経験や研究がベースになった出処の確かな価値のある情報じゃなくて、ライターさんが「仕事で」目新しくて聞きざわりのいい話しを書いているものばかり。

あなたに読んで欲しくて、知って欲しくてたまらないような記事は、それを沢山の人に知ってもらうことで「誰かが」得するからです。
つまり、マーケティングです。

これで満足している人がいるけど、こういう周辺情報にいくら触れても人生は良くなりません。

価値がある情報は、人間の中に蓄積した知識や知恵です。

これはGoogle検索しても出てきません。

なぜなら、どうしてもみんなに知ってもらいたい情報じゃないから。

分かる人にだけ伝えられればいい情報だから。

これにアクセスするには、それを沢山持っている人間から直に伝授してもらうほかに方法はありません。

なぜ可愛がられる人にならないといけないかというと、
この人間が持っている本当の知恵、本質を教えてもらうためです。

そして、人生の先輩だって、誰にでも構わず教えてくれるわけじゃない。

身分不相応なブランドモノを身に着けて満足しているような、自分の置かれている立場の分からない、地頭の悪い人には教えてはくれません。

長い時間をかけて経験から得た知恵を授けたいと思われるような人は、
社会における自分の立場をちゃんとわきまえている人です。

彼らが見ているのは、身につけているモノではなく、

内側からにじみ出る、知性と愛嬌と健康的な身体から放たれるエネルギー。

なぜなら、人生の先輩たちは、コレ以上に価値があるものなんてないとよく分かっているからです。

人間の価値が表れるのは、お金で買えるものではなく、その人の内側に身に着いたものです。

別にブランドバックを持つことが悪いと言っているわけじゃありません。

私も素敵なブランドモノは大好きです。

だけど、こういう風に思われる可能性があるという現実が分かった上で、何を選択するかが大事です。

そして、私の母やその周りの艶やかで美しい女性たちを見ていると、まだまだ人生の先に沢山の華やかな時間が待っていると思います。

その時にどういう自分でありたいかを想像すると、少なくとも私は30代でモノを獲得するためにエネルギーを注ぐ前に、やることは沢山あるなと感じます。

知性と愛嬌と健康的な身体から放たれるエネルギー

女性に生まれた恵みを謳歌するために、これに敵う魅力なんてありません。

それでは、会うたびに美しく!

——————————————————————
【Podcastが大好評!!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」
ここから無料で聞けます↓
http://apple.co/2erZ4RX

【私の美学が詰まった本もあります】
タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【メルマガ登録がまだの方は是非登録してくださいね!】

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*