リバウンドしないやせ方「BE-DO-HAVE」の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
20121019_beautifullady

昨日、美容家の友人のダイエットセミナーにゲスト講師として参加してきました。

セミナーの最後に、参加者は、講師に個別のカウンセリングを申し込むことができます。

私も何人かの女の子の相談に乗り、「キレイになりたい!」という切なる想いを直接聞いて、今まで以上にキレイになりたい女性のお手伝いをしていきたいという思いを強くしました。

さて、その中の一人の女の子の相談が

「やせたいんですけど、どれも全然続かないんです。どうすればいいですか?でも、運動は好きなんです」

 

というものがありました。

 

私「何のためにやせたいの?」

と聞くと、

 

A子さん「キレイになってオシャレしたい。スタイルがいいねって言われたい」

ここでピンときました。

まず体重を落とす=痩せること

スタイルがいい=ボディラインにメリハリがある

ことは大きな違いがあります。

更に、厳しいことを言えば、オシャレは痩せなくたっていくらでもできます。

オシャレとは、センスであり、センスとは生き方に宿るのです。

オシャレになりたいなら、生き方、考え方を変えることが一番大切です。

体重を落とすことも、ボディラインを変えることも、本当に大変なことです。

多くの人は、A子さんと同じように、挫折を繰り返してしまいます。

その理由は、

 

本当に痩せたい理由が自分の腑に落ちてないから。

腑に落ちるとは、感情が動くということ。

感情が動いてない状態での行動であれば、必ず元の習慣に戻るというのが人間なのです。

問題を認識する

頭で理解する

感情が動く

腑に落ちる

行動を起す

このサイクルの結果の行動でなければリバウンドを繰り返すだけです。

では、どうやったら腑に落ちるのでしょうか?

1つの方法として、あらゆるダイエット本を読み漁ることだと思います。

「ノウハウ」より「考え方」に少しフォーカスしているもので、大体5冊くらい読めば十分だと思います。

BookOffなどを活用すれば、2000円くらいあれば十分です。

そして、

読み進めていくうちに、どういう自分になりたいのか、を具体的にイメージすること。

つまり、重要なのは、

『BE-DO-HAVEの法則』なんです。

この本の引用から・・・

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント/ロバート キヨサキ

 

多くの人は、まずなりたい姿という目標を定めると、

手帳に「TODOリスト」を書いて、何かをやり始めます。

理想的な身体が欲しいと思ったとき、たいていの人は

ダイエットを始めたり、ジムに通いだしたりします。

そして数週間はそれを続けますが、その後は前と同じ

フライドポテトとピザの食事に戻り、ジムに行く代わりに

テレビで野球を見始めます。

これが、「なる」ことを無視して「する」ことばかりに夢中になった例です。

やせるために大事なのはダイエットそのものではありません。

ダイエットを継続するためにどんな自分にならなければいけないか、

それが問題なのです。

それなのに毎年何百万人もの人が、「必ずやせるダイエット」を

求めて血眼になっています。

彼らはどんな人間になるべきかでなく、何をすべきかばかりに

目を向けています。

でも、人間の考え方が変わらなければ、どんなダイエットも効き目はありません。

ゴルフの例では、スコアを上げようとしてゴルフクラブを

買い換える人がいます。でも、本当にまず必要なのは、

考え方を変えることです。

そしてプロゴルファーが持っているようなゴルフに対する

姿勢、心構え、信条などを身に付けることです。

クラブをそっくり新しいものに代えたところで、

下手なゴルファーの腕前は変わりません。

お金のことになると、たいていの人はお金持ちと同じことを

「しよう」同じものを「持とう」と必死になり、

お金持ちが持つような大きな家や車、お金持ちの子供が行く

学校に自分の子供を通わせたりします。

その結果、せっせと仕事をし借金をし続けることになります。

でも、本当の金持ちはそんなことはしていません。

この話で重要なのは、何かを持ちたい、なりたいという

目標を掲げ、行動した結果、始めに掲げた理想の姿にはなることはない

ということ。

HAVE(目標を持つ)- DO(実行する)- BE(なる)

という順番では変化はありえない。

現状を変えたいなら、

まず、目標の人のように考える人に「なる」こと。

そしたら、普通に生活するだけで結果はついてくるということ。

つまり、

BE-DO-HAVE

の順番が結果をもたらし、元の自分に戻ることはない方法だと思います。

前職で起業家育成支援の学校を運営していた時、

実際に起業していく人、そして継続していける人には共通点がありました。

そういう人たちは、

失敗しない起業方法、成功の秘訣を学ぶ人ではなく、

世の中で成功しているといわれている起業家の

考え方や生き方、ビジョンに意識を集中させていた人。

成功起業家の行動を真似るのではなく、

考え方の本質を獲得することで、

起業家と同じマインド、考え方になった人たちが確実に

ハッピーな起業をしていった。

「DO」よりも、まず「BE」

 

それでは、会うたびに美しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*