娘が1歳になったら、ママ1年分の心のオリが噴火した話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
IMG_5439

産後1ヶ月ほどで会った友人から

「ほんとあっという間に大きくなるよ!」

と聞かされた時、

「マジで?1日が長すぎなのに、あっという間はないでしょう・・・」

と思っていたあの頃。

娘が1歳になって、振り返ってみると、やっぱりこの1年は「あっという間」でした笑

 

「みてね」という写真共有アプリで、1ヶ月ごとの娘の写真がフォルダわけされるのですが、

生まれた月から振り返ってみると、すでに懐かしい・・・

「あーこんな時も会ったな」「この頃はまだ赤ちゃんの顔してる!!」など

今でも十分に赤ちゃんなのですが、やっぱりこの1年ですごーく成長し変化してるんですよね。

 

その成長と変化は私にもあります。

顔が変わったり、身長が伸びたりという成長はないけれど、

1年前の自分と全く心が変わっています。

 

それは子育てが楽しいとか、子育てが自分を成長させてくれるとかそういう単純なものではなくて、

生命の凄さ、周りへの感謝、社会に生かされていること、などなど

根源的なところで、生まれて生きているだけで、ほんとにすごいことなんだって。

だから、楽しく生きなきゃ、今を楽しまなきゃ、って。腹の底から思う。

 

そのために、「どうやってこの状況を楽しもう?」「どうやって周りの人に感謝を表現しよう?」

って、思考して行動していく積み重ねが、自分の心を変えていったという感じです。

 

私は子供が好きで、ベビーシッターのお仕事もしていたけれど、

自分の子供ができてわかったことは、1日中子供と向き合うことは自分にはできないってこと。

娘の保育園がお休みの週末は、「今日は何しよう。どうやって時間を過ごそう。早く昼寝しないかな。」ってことばかり考えるし、

娘と向き合って遊ぶことも、自宅だったら1時間が限界で、何か自分の刺激になるものをやりたくなってしまって、家を掃除したり、本を読んだり、携帯をいじったり、ムズムズしてきます。

だから、保育園のない日は、朝から児童館に行ったり、公園に行ったりして、娘も遊べて、私も何か新しい発見や気が紛れることを探して、なんとか週末を乗り切っているという感じです。

 

1歳になるとお腹の中や母乳でお母さんからもらっていた免疫が切れるそうで、1歳前後に風邪をひくことが多いそう。

案の定、娘も1歳の誕生日の翌日から発熱。1週間保育園をお休みしました。

外出できず、1週間、体調がすぐれず「抱っこ抱っこ」とせがむ娘と一緒に自宅で過ごしていると、私も精神的に限界になって、

初めて娘を怒鳴ってしまいました。

 

私が少し目を離した間に、

リビングにある観葉植物の土を触って床に落としたり、口に入れてみたり、娘の口元も、フローリングもあたり一面ぐちゃぐちゃ。

今までにも何度も注意してきたのに、その日に限って

私の張り詰めていた気持ちは限界を突破して、

「ダメって言っているでしょ!!」って、思わず大声で叫んでしまいました。

(大声で叫んでいる声が、0.01秒遅れで自分の耳に聞こえてくるのがわかって、私の中のストレスがこうやって発散されていくんだって、客観的に感じている自分がいました。)

 

娘は、初めてみるママの怖い顔と初めて聞くママの大きな声に一瞬無表情になって、次の瞬間、顔をしわくちゃにして大泣きし始めたのです。

その泣き姿を目の当たりにして、自分のやってしまったことの愚かさと情けなさと、

同時に、ぐっと心の中で抑えていた色々なものが胸の奥底から吹き上げてきて、

娘を抱いて、

「○ちゃんは、何にも悪くないんだよ。ごめんね。ごめんね。」

と言いながら、一緒にオロオロと泣きました。

そして、娘は、涙を流すママを見て、心配そうな顔をして、私の胸の中で小さくすすり泣くのでした。

 

無事に1歳を迎えられたこと。元気に成長してくれていること。感謝でいっぱいです。

でも、この1年間、日々少しずつ私の中に溜まっていった「我慢のカケラ」があったことも事実。

それが、娘のいたずらがきっかけで、噴火したのかなと思うのです。

 

この1年間、ママという新しい役割だけじゃなくて、両親にとって孫を生んだ娘、パートナーにとっては2人の子供がいる関係など、新しい役割や関係性がたくさん増えて、その役割での自分はまだ1年生。

だから、たくさんの消化しきれない思いやストレスがあって当たり前なんだ。

「もっとこうしてくれたらいいのに」って心の中で他人に求めちゃうことがあっても、

「どうやってこの状況を楽しもう?」「どうやって周りの人に感謝を表現しよう?」

って心の中で問いかけながら、自分なりに精一杯やってきた365日。

 

誰もいってくれないから自分で言おう。

 

「私はエライ。よくやってるよ。すごい。素晴らしい。」

 

と。

そして、

全てのお母さん。

 

本当にお疲れ様です。今まで、よく頑張りました!!

あなたはエライ。すごい。素晴らしい!!

世界中から感謝の気持ちを集めて「ありがとう」を送ります。

 

 

それでは、

会うたびに美しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*