覚悟が決まった女だから幸せになれる「女の覚悟」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
4897280926679040

「愛されるのを求めるのでは無く、愛することが大事」

と頭ではわかっていても、

 

・彼から愛されたい

・愛されるためにはどうしたらいいのか

・愛されていないなら一緒にいても意味がない

・振られたくない

・いっそ自分からお別れしようか

 

ということばっかり、浮かんでは消えて。

言動も心もブレッブレの理由は、

「相手の出方を見て→自分の出方を決める」という順番だから。

 

まさか、「彼の頭の中=私でいっぱい」と思ってないでしょうね?!

それは自意識過剰というものです笑

 

普通の男であれば、

 

仕事、友人、仕事の人間関係、両親、兄弟、趣味、酒、他の女、金、株、競馬、投資・・・

 

彼の人生を構成する要素は、あなた以外にいろんなものが含まれていて、

これらに影響されて、彼の心は常に揺れ動いています。

 

そこで大事になってくるのが、「覚悟」なのです!

 

「恋愛の覚悟」とは?

私のいう「恋愛の覚悟」は、イコール幸せになるための「女の覚悟」と言ってもいい。

 

女の幸せや恋愛に正解があるとすれば、

 

いかに一般論に左右されず、
自分にあった愛の形にたどり着けるかに尽きるからです。

 

その覚悟とは、

自分基準の幸せを信じてつらぬく覚悟

のこと。

 

「自分は彼のことが好き」という愛情を

・一般的な価値基準の幸せ
・友達の助言
・世間の常識
・親の顔色
などの外部情報に影響されないように、守り育てるということです。

 

ここで注意!

「恋愛の覚悟」というと、「ずっと一緒にいる覚悟」みたいに
・どんな彼でも受け入れる
・彼を信じる
と重く考えがちですが、

これは小学生が大学入試レベルに挑もうとするような話。

 

まずは、彼を好きな自分を信じ、その想いを貫き通すこと。

 

でね、そうしていくと、次はどんなことが起こるのでしょうか・・・・

 

また面倒なことに、冒頭に出てきた考えが頭の中で堂々巡りするのです笑

 

・愛されたい

・愛されるためにはどうしたらいい?

・愛されないなら一緒にいても意味がない

・振られたくない

・いっそのこと自分からお別れしようか

 

でも、今回は前回とはレベルが違うんですね。

 

前回の自分はまだ、

「相手の出方を見て→自分の出方を決める」恋愛のヒヨッコでしたが、

 

今回の自分は、

自分の出方は決まっている。

(相手の態度にも外部の雑音にも影響されないで、好きを貫くと!)

にも関わらず、また迷子になっている。

 

じゃ、

好きを貫けない私の心には何が障壁になっているんだろう?

 

と問題の焦点が明確になってくるわけです。

 

まずここまで来て!

結婚という覚悟をしたのに、心がブレているも同じ。

覚悟を決めたのに、再び迷う。ここまで来て!!

 

覚悟を決めた先に、愛にむかう次の光がみえる。

続きはこちらの記事↓

超荒療治!ありのままの自分を受け入れるレッスン

 

それでは、会うたびに美しく!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*