男性と女性を経験した立場だから言える大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
MF

BeautiQは男性も女性も来れるエステサロンです。

服の着替えがなく女性限定にする必要がないのと、コンセプトに共感したお客様が性別に関係なくこれるお店にしたかったからです。

そういうお店の特徴が、最近予想もしてなかったお客様層に支持されています。

それは、男性として生を受けたけど心は女性で、将来的に女性になりたいお客様。

MTF(Male to Female)と呼ぶそうです。

そのお客様の一人がとても興味深いお話を聞かせてくれました。

女性ホルモンのクスリを飲み始めてから体の変化を実感するという内容。

皮下脂肪が以前より増えたこと、

足が浮腫むようになったこと、

体が冷えるようになったこと、

疲れやすくなったこと。

男性の時は、言葉として「足が浮腫む」「冷える」「体力が持たない」ということは理解していたけど、

自分の体にそれらの症状が現れてはじめて、

これが「浮腫む」ということか!

これが「冷える」ということか!

と日々体感しているそうです。

「男性は女性のことを理解できないのは当たり前だと思いました。

だって、全然別の生き物ですよ!

自分も女性ホルモン飲み始める前まで、浮腫むとか疲れやすいとか、言葉として知ってたけど、その本当の意味が全く分かっていませんでした。」

男性も女性も経験したことがある立場だからこそ言える、すごく深い言葉。

そして、ここに沢山の学びが詰まっていると思いました。

男性にとって、女性の「生理痛」とか「足が浮腫む」とか「体が冷える」とか「体力がなくて疲れやすい」とか、

もうそれは絶対に頭では理解できないこと。

それはしょうがない。だって、経験したことないし、経験できないんだから。

だからって、男性に対して女性のことばっかり理解して!というのは違うと思う。

きっと男性として生きていくことも、私たちが頭で理解しているよりもっともっと大変なことがあるんだと思うから。

男性社会での競争や、男性の嫉妬の怖さとか、男としてのプライドと自信がなくては生きていけない社会など。

言葉では分かっているつもりですが、多分それは想像をはるかに超えた厳しい男性社会の現実があるんだと思います。

だから、仕事が終わったら安心感がほしいし、女性から褒められて自信を常に保ちたいと思うのは当然のことなのかも。

男性と女性は理解し合えない。

自分が経験したことしか、本当の意味を理解することはできないから。

だからこそ、お互いが想像力を発揮して理解し合う努力が必要だし、

「分かってくれない」ことを嘆くことはとても無意味なことだ。

お互いに理解し合うことが最善だけど、どっちが先かと言ったらやっぱり女性。

女性の方が想像力や共感能力が高いから。

男性社会での厳しさ、そこで日々プライドを保つ大変さを、女性がもっと想像力を働かせて理解してあげることが、よい男女関係、ひいては平和な社会作りにはまず必要だなとつくづく思う。

「女性ばっかり我慢しなくちゃいけないのね!」

ということじゃなくて、

「After Youの精神」でいこうということ。

それでは、会うたびに美しく!!

☆合わせて読んで欲しい記事☆

★「After Youの精神」は大きなリターンを得るための種まき

★女性ホルモンの賜物を受け入れよう

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*