「After Youの精神」は大きなリターンを得るための種まき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sowingseeds

男性が「生理痛の辛さ」を理解できないのと同じレベルで、

女性も「男社会で生き抜く大変さ」を理解できてないと思います。

人間は自分が経験したことしか本当の意味で理解できないから。

言葉の概念として知っている状態と体験として分かっていることは大きく違うのです。

「男女がお互いを満たしあう関係」において、

どっちが先に手を指しのべるかと言えば「女性が先」

これを、えり理論では「After Youの精神」と名づけています。

どうして女性が先なのかというと、女性の方が得意だから。

女性には男性よりも、生まれつき「相手を理解して受容する力」が備わっています。

赤ちゃんを育てる時を思い浮かべてください。

お母さんは、まだ言葉がしゃべれない赤ちゃんの肌ツヤ、うんちの色、泣き声、ミルクの飲み具合など、赤ちゃんの様子から色々な情報を得ることで赤ちゃんの発育状態を理解し子育てをしていきます。

相手を観察し共感し理解する能力があるから、言葉で自己主張しない赤ちゃんを育てることをができるのです。

余談ですが、母がよく言っていたこの男女の違いを表す言葉。

「パパは赤ちゃんの時はあまり関心がなかったけど、子どもたちが大きくなってからすごくカワイイと思うようになったみたい。男の人っていうのはそういうものよね。」

つまり、子供たちと会話が成立するようになり、父の働きかけが子どもたちに影響を及ぼすようになって、子どもを初めて理解できてカワイイと思うようになったということです。

このエピソードからも分かるように、男性はしゃべらない相手に対して、気持ちを読むことが出来ないし苦手なのです。

だから、初めから得意な女性の方が先に男性の立場を理解し共感してあげる。

「男女がお互いを満たしあう関係」では、女性が先に相手に手を差し伸べようというと、

「いつも女性ばっかり頑張らなくちゃいけないのね」と思う人もいるかもしれません。

全然そんなことなくて、「After Youの精神」は大きなリターンを得るための種まき。

なにか特別な力を身につけて、一生懸命努力しなくちゃいけないということではなく、
女性にもともと備わっている力、母性の一つである、相手を理解し受容する力を発揮すればいいだけの話しです。

要領がわかればめちゃ簡単です。

女性はみんな母性がある!

私のところへ相談に来る殆どの女性が

「私はえりさんみたいに母性が全然強くなくて」と悲しそうに言いますが、
私からみれば、「母性があるからこそ、その悩みが出てくるんだよ」と思います。

今までお話した女性で母性が全然ないという人には出逢ったことがありません。

一度でも相手に対して「私ならこうするのになんで分かってくれないの?」と思ったことがある人は、母性がたっぷりあると断言します!

では、どうして、「After Youの精神」が「女性ばっかり頑張らなくちゃいけないのね」ということではないと言うのかというと、「After Youの精神」を発揮することで、女性自身が一番輝き美しくなれるからなんです!

ね、自分が美しくなれて、心が満たされて、輝けるんだと思ったらやりたくなったでしょ?

「After Youの精神」は大きなリターンを得るための種まき。

それでは、会うたびに美しく!

合わせて読んで欲しい

「After Youの精神」で得られるリターンについて

続きはこちら→艷やかな温かい女神のようなオーラを身に付ける方法

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*