5歳児男子の理想のタイプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
menwants

「どんな女性が好みですか?」

BeautiQのメンズのお客様にいつも聞く質問。

外見的要素を答える男性は少なく、ほぼ100%の男性が同じ答えをするんです。

「何でもいいから目標をもって頑張っている女性が好き」

それに対して、私が、

「じゃ、仕事をバリバリしている女性が好きなんですね。」

と言い換えると、

「イヤ、仕事じゃなくてもいい。趣味でも何でもいいから、前向きな人に惹かれます」

と答えます。

意中の男性の女性のタイプが、

「目標をもって頑張っている女性が好き」と聞くと、

女性側は、「じゃ、もっと仕事頑張ろう」って目標に向かって突き進む傾向があります。

が、これが落とし穴!

男性が言っている、

「何でもいいから目標をもって頑張っている女性が好き」

というのは、言い換えると、

「自分以外に興味がなくて家でずっと待っていられて、

全ての行動を監視されるよりは、

自分がいない時は好きなことで心を満たしてもらって、

家に帰ったらいつもニコニコ上機嫌でいてくれる人がいい。」

という意味。

5歳児理論」から考えるとすごくわかりやすい。

5歳児がお母さんに求めることは

「監視されたくないけど、関心は持ってほしい」

全ての男性は、

「行動を制限されたくない、指図されたくない、監視されたくない、

だけど、

自分のことは関心をもって注目して欲しい。

「すごいね!」って褒められたり、

「みんなの為にお疲れ様!」ってねぎらったりして欲しい」

と思っています。

「なんなのこれ?めっちゃ都合よくない?」

「私だって仕事してるんだから、そういう人が欲しいんですけど。」

「彼のお母さんになるつもりないんですが?」

その気持ちとってもよく分かります。

私もそういう風に思ったことが何度もあります。

その度に自分に言い聞かせる言葉。

↓  ↓  ↓  ↓

私には3つの選択肢がある。

1)一人で生きていく
2)女性を好きになる
3)男性と共に生きていく

私には自由な選択肢があってどれでも選べるにも関わらず、

3)を選ぶのは私の勝手。

誰からお願いされたことじゃなくて、

私が自分で選んだ選択。

だから、ちょっとしたことで放り出さないで、
もしかしたら私にも至らない部分があるのかもしれないから、
相手の視点に立って考えてみたり、新しい考え方を取り入れてみよう。

あなたも3)を選ぶなら、しょうがない、腹をくくりましょう。

自分で選んだ選択です。

何があっても自己責任という覚悟をしましょう。

その覚悟がなければ、付き合う相手を変えても、また同じことの繰り返しです。

まず相手を徹底的に満たす。

相手に共感し理解し大きな愛で包み込んであげる。

彼がより自分の素晴らしさに気づくキッカケになってあげる。

彼が自信を持って自分の力を発揮できるための心の拠り所になってあげる。

母性愛をベースにした「After Youの精神」です。

「なぜ女性が先にやらないといけないの?」ではなく、

これは、

大きなリターンを得るための種まき

という壮大なプロジェクト

収穫するためには、必ず種を蒔き、必要な栄養と水と光を与えて、周りの雑草や害虫を手入れして、時が来るまで辛抱強く淡々とお手入れすることが必要です。

人が育てた果実を横取りする人のことを泥棒と呼びます。

自分が育てた果実だからこそ、実った時の感動も感謝もあるし、
堂々と愛でて味わって楽しむことができるのです。

目の前の男性という可能性が最大化するように、自分はどんな関わりができるだろう?

私は男性に限らず、いつだって、

目の前の人の可能性を引き出し伸ばす女性になりたい。

育つのは彼自身の力。

だけど、それを押さえつける女性にはならないように気をつけよう。

それでは、会うたびに美しく!

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*