恋も仕事も淡々と愛せるか?神様はそこをみている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
calmsea

ご縁(出逢い)は誰にでもあります。

このご縁に対して何かしらの行動を起こすことを「縁起」といいます。

大事なのは、数多くの出逢いを求めることではなく、

目の前に頂いた「ご縁=(植村用語で言う)サプライズギフト」から次の行動を起こすこと。

恋愛では、ご縁から行動を起こしていくと、

初めのうちは、とっても楽しい。

だって、全てが二人で初めての経験だから。

初めての電話、
初めてのデート、
初めての食事、
初めてのドライブ、
初めてのお泊まり、
初めての旅行、

ワクワクするのは当たり前。

でも、そのうち二人でいることに新鮮味がなくなって、初めてがだんだん少なくなってくると、
次の目新しいことを求めて、準備がまだなのに新しいステージに突入したくなる。

例えば、

同棲
結婚
子供
二人目の子供

もしくは、逆に、

別れ

という新しいステージもある。

目に見える変化を追い求めても、いつか終わりが来る。

変化で刺激を感じる関係では、深い人間関係はつくれない。

これは、仕事でも同じ。

変わらない毎日、繰り返しの作業、代わり映えのしない相手に対して、
淡々と向き合い続ける。

「自分はこのままでいいのだろうか?」
「将来はどうなるのだろうか?」など

未来の深いことを考えずに淡々と向き合っていたら、

仕事も人間関係も自然にステージが上がってるもの。

どこまで淡々とやり続けることができるか。

淡々とやり続けた人にだけ到達できる
仕事の領域がある。
人間関係の深さがある。

でも、人間って機械じゃないから、
淡々とやってるつもりでも、やっぱりそこに何かしらの新しい発見がなければ続けられない。

未来のことじゃなくて、

今、目の前にあるのことに対する、

新しい工夫、視点の変化、
小さい成長に気付ける心の余裕、小さい変化に感動できる心、

そういう小さい積み重ねが最終的に大きな差を生むんだろう。

————-

人生というギャンブルでは、勝っている時には、
その人の本当の強さはわかりません。

負けた時にこそその人の本当の強さがわかるのです。

負けても、にこにこしている人は、かなり強い。

ディーラーは、あなたが負けた時の顔色を見ています。

その時、顔色ひとつ変えずににこにこ笑いながら勝負を続けることができたら、あなたは相手に勝てるのです 。

−中谷彰宏「人生は成功するようにできている」より

————–

いつでも、にこにこしている人になろう。

どんなに海が荒れても、穏やかな心で、淡々と。

それでは、会うたびに美しく!!

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*