Top of the womenを目指す。仕事か家庭かではなく、どっちも!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
raiteu

Q)「淡々力の強い女性って、仕事ができるひとでも、家庭を選択してるケースが多いと思うのだけど、その点どう思う?」

前回のブログ「あげまんとは淡々力のある女性」を読んだ男性から上記の質問を受けました。

家庭を選択するケースが多い、あると思います!

それが日本の現状です。

だからこそ、私は、

その上を目指す女性を輩出したい

と思っていて活動しています。

あげまん=私の言葉でいうと「グレートマザー」

周りの人の運気もあげて、自分も輝き、

更に、(その女性が望んでいるなら)社会でも才能を発揮する女性。

でも現状は、覚悟と淡々力のある女性は、仕事をやめて家庭で旦那様と家族の為に尽くすのが多い。

それもすごく素晴らしいことですが、私のように、その先をいきたい女性もいるのです。

男性からも愛され応援され、社会でも活躍する女性。

そう、超レベル高い!

Top of the womenだから。

でも、目指すならそこを目指したい。

Q)「それは分かるんだけど、2つに集中するのが難しいんじゃないかと。」

それは2つではないのだ〜!

まず男性を徹底的に淡々と愛する。
       ↓
すると、今度は、男性から愛されて応援されるようになる。
       ↓
女性の仕事のモチベーションは自分の中の愛を拡げていくことだから、仕事がうまくいく
という流れなのです。

男性と女性の仕事のモチベーションとは違うからこそ、1点突破が可能

このあたりは、おいおい詳しく書いていきます!

Q)「それだと、自分の幸せに固執する女性は、仕事をとっちゃうね?」

それが、自分の幸せを追求していくと、行き詰まるのです。

これ以上自分ひとりでは無理だというところまで行き着く。

その時に初めて、「あ、私は男性から愛されることが必要なんだ」と深いところで気づき腑に落ちる瞬間がくる。

そして、男性から愛され応援されるには、まず自分が淡々と愛し応援することでしか得られない「After Youの精神」に気がつく時がきます。

だから、まだ自分の幸せだけ追求して満足な女性は、まだその壁にぶつかってないということ。

先人が勝ち取った女性の自由を100%活かすこれからのあり方

100年前に平塚らいてうなどの女性解放運動家たちが訴えたのは、

「女性の才能が発揮できる時代が欲しい」ということでした。

そして今、先人が勝ち取ってくれた「自由な時代」があります。

私たちが仕事を自由に選択できて、自由に才能を発揮して、自由に自己表現できるのは、こういう先人たちの戦いのおかげです。

この方々に心から敬意を払い、この方々が心から喜んでくれることをしたい。

今ある女性の自由は自分だけのものではなく、先人たちからのギフト。

女性が男性を力づけ、家庭を明るく保ち、強い心の子どもを育て、自分の才能を社会でも発揮する。

それが、これからの時代の女性に求められていることだと思っています。

仕事か家庭かではなく、どっちも!!

それを叶えるのは、グレートマザーのあり方なのです。

私の活動の目的は、世界にグレートマザーをどんどん輩出すること。

それでは、会うたびに美しく!!

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*