自称あげまんは実はさげまんpart1−仕事を応援してるつもりが男のプライドを傷つけてる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sageman

全ての女性は、あげまん(植村語でいうと「グレートマザー」)として生まれる。

だけど、「あげまん」であり続けるか、反対の「さげまん」になるかは、
生まれてからの行動次第で、運命は2つに分かれる。

自分をさげまんにおとしめる行動は、いかにも素敵じゃない女

例えば、

・悪口で盛り上がる

・会話の内容がテレビや芸能人ネタ

・他人と比較して嫉妬する

・人の弱みを発見した時、宝物を見つけたように目を輝かせて人を窮地に追い込む

・自分を変えないで環境にブツブツ文句をいう

など。いかにも性格の悪い女。

でも、次にあげる一見ノリのいい明るい女性に見える、こういう行動も自分をさげまんにします。

例えば、

・彼氏との予定が合わないから他の友達と遊びにいく

・夜12時を過ぎてもダラダラとお茶してる

・夜中に遊びに誘われたらホイホイ出かける

・ダメな女友達を救おうとする

など。

ノリが良くて、お世話好きで、友達想いの女の子がやってることの中にもさげまん行為が沢山あるんです。

そして、

こういう女性に限って、「自称あげまん」が多い。

なぜなら、ノリが良くて、お世話好きで、明るい女性はモテますからね。

男性から人気だと勘違いしやすい。

でも、

「モテる」「男性から好かれる」ことと、「あげまん」は全く別のこと。

モテるというのは、特定のお付き合いしてる人がない時は女性としての価値を謳歌できる楽しくて素晴らしいことだけど、

「この男性を勝たせたい」という「特定のひとり」と出逢ったら、モテるではなく、男性を頑張らせることができる、つまり男性の運気をあげる女性を目指したい。

なぜなら、自分の大切なパートナーの運気をあげることは、イコール自分の運気をあげること。

女性が更に輝き、心が満たされ、本当の女性としての充実感を味わい、自分の役割に目覚めることだから。

私は今まで、美人で仕事もデキて性格のいい女性が無意識のうちに「さげまん」になっているケースを沢山みてきました。

その代表的なものをいくつか挙げ、なぜそれが「さげまん」なのか理由を何回かに分けて説明していきたいと思います。

1)彼の仕事のサポートをしちゃう

あげまんというのは、男性を頑張らせることができる女性。

「頑張らせる」というのは、お尻を叩いてやらせるという意味ではなく、

彼が社会で男としての自信を持って堂々と人と渡り合える心の環境を作ってあげること。

大切なので繰り返しますが、

「心地よい心の環境」を作ってあげること。

でも、仕事がデキる女性が間違いやすいのは、「心の環境」を作る代わりに、仕事を直接サポートしようとしてしまうこと!

例えば、

・「こういう風にやったらいいんじゃない」という「アドバイス」

・「○君の仕事に役に立ちそうな、会わせたい人がいるの」という「紹介」

これは全部、逆効果。

彼の自信を盛り上げる代わりに、彼のプライドをめった刺しにする行為。

「アドバイス」は、彼女が素晴らしいアイデアをくれる程、(無意識に)自分の無力さを感じます。

「紹介」は、彼女が紹介者がこんなにあなたにとって価値のある人だと説明する程、(無意識に)比較されていると思います。

(無意識に)とつけているのは、「オレはそう思わない!」という男性が時々いますが、
意識レベルでは「全然OK」と思っていても、脳科学的には、無意識レベルでは自信を失わせる行為だからです。

あげまんの女性は、無意識レベルで彼の自信を思いっきり満たしてあげることができる女性。

だから、表面的に甲斐甲斐しくお世話したり、的確なアドバイスをするのは、自称あげまんがやる代表的なさげまん行為なのです。

「私の彼、アドバイス聞くの嬉しいみたいなんです〜!」という女性がいますが、それは女性の傲慢。思い上がり。

もしくは、アドバイスの裏で、次に説明する「男性の欲しい3つの感情」を思いっきり感じさせてあげてるかのどちらかです。

男性が欲しい3つの感情

1,認めてほしい!→ありのままを受け入れる

2.存在意義を感じたい→必要な存在だと示す

3.ステイタスを感じたい→特別、一番だと伝える

男性はいくつになっても、どんな立派な立場になっても、この3つをいつも感じていたいと思っています。
そして、この感情を刺激されるとたまらなく「心地よい」と感じます。

「心地よい」と感じさせてげることが、男としてのプライドを満たすこと。自信を付けてあげること。

だから、それは、アドバイスでも紹介でもありません。

私はテクニック論や、効果的な言葉だけをお伝えするのが嫌いです。

だって、言葉があっても、そこに真心がなければ、二人の関係は続かないし、表面的に上手く行っても本当の幸せを感じることはできないから。

私は店舗経営をしているので、いつもお店商売と恋愛って似てるなと思っています。どっちも人が相手だから同じですよね。

植村理論では、こう言います。

巷の恋愛テクニックは、割引クーポンと同じ。

新規は獲得できるけど、リピーターにはつながらない。

だから、まずやるべきことは、彼があなたに会うといつも心地よく感じる、そういう自分を作りましょう。

それは、

彼がやろうとしていることに注目するのではなく、
彼がいま既にやっていることに注目して関心を寄せること。

「へーそういうことやってるんだね!」

「難しそうなのにすごいね!」

「こうやって○君は毎日みんなのお役に立ってるんだね!」

自然にこういう言葉が出てくるようになったら、あなたは、立派なあげまん=「グレートマザー」

全ての女性は生まれながらにグレートマザーの本質を持ってます。

自分の大切なパートナーを輝かせて、自分も輝く。

そんな素敵なグレートマザーを目指しましょう!

ちなみに、これは子育ても同じだから、彼を大きな器の素敵な男性にしたら、子育てにも役立ちます!

(補足:私は子どもはいませんが、過去にベビーシッター事業を経営していて、300人以上の子どもたちと1対1で関わり、子どもたちが本来持っている育つ力を見守ってきた経験があります。)

それでは、会うたびに美しく!!

合わせて読んで欲しい記事↓
「あげまんとは淡々力のある女性」
———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*