サラダを取り分けてあげる女性がダメ男を作るーお願い上手な女性になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
サラダ男性

男性が求める刺激というと、

顔がカワイイ、スタイルがいい、若い、色気がある、駆け引きが上手、甘え媚び上手など

を思い浮かべる人が多いと思います。

こういう女性の武器で男性の気を引く女性は、一時的に強烈な刺激を与えることができても、いつか飽きられてしまう。

実は、見た目や年齢に関係なく、

本当に刺激的な、男性が手放したくない女性とは、

男性が欲しい3つの感情を満たすのが上手な女性。

男性が感じたい3つの感情とは、

1.認めて欲しい
(詳しくはこちらの記事→「結婚する人だけが運命の人ではない−聞き上手な女性になる方法」

2.存在意義を感じたい
(詳しくはこちらの記事→「サラダを取り分けてあげる女性がダメ男を作る−お願い上手な女性になる方法」

3.ステイタスを感じたい
(詳しくはこちらの記事→「イケメンの話がつまらない理由−持ち上げ上手な女性になる方法」

2,存在意義を感じたい→お願い上手

女性が男性にサラダを取り分けてあげる行為。

これがいい女の姿と思っている人が多いですが、実はこれはダメ男を育てることになります。

なんでもやってあげるのは、お母さん。

彼と共に歩む女性は、彼の男性パワーを引き出す女性。お母さんではありません。

サラダ取り分け実験

これは実際に私が様々な男性で、実験してサンプルを取ってきた結果です。

サラダを取り分けてあげて「はいどうぞ!」と渡した時と、

「取り分けて欲しいな!」とお願いして、その行為に対して「ありがとう」と伝えた場合の

男性の嬉しさの度合いをヒアリングしました。

そうしたら100%の男性が

「取り分けてもらったら嬉しいけど、ありがとうって言われた方が内側からエネルギーが湧く嬉しさがある」

と答えました。

この、内側から湧く嬉しさ、これが存在意義です!!

男性はやってもらったことよりも、自分が行動したことの相手の反応によって感情が湧きます。

男性は、自分は相手の役に立っているという存在意義を常に感じたいと思っています。

だから、「ありがとう!」って言われることが大好きなんです。

男性が女性にアクションを起こす場面を沢山つくってあげる。

仕事ができる女性程、自分でパッパカなんでもやっちゃう。

でも、これは男性が活躍する場面を奪うことになっています。

例えば、

ワンピースの後ろのファスナーを閉めてもらう。

高いところのものをとってもらう。

レストランでは、お水を頼んでもらう。

全部自分でできちゃうことだけど、こういう細かい場面で、彼があなたにやってあげることを増やしてください。

「ねぇ、背中のファスナー閉めて」とお願いする。

「ちょっとあそこの物とって」とお願いする。

「お水を頼んで欲しいな」とお願いする。

彼のアクションに対して、あなたが愛情を感じ取って、「ありがとう」と感謝を伝えることで二人の気持ちがそれぞれ満たされます。

あなたはやってもらって嬉しいな、彼は役に立って嬉しいな。

お願い上手のポイントは、自分がやった方が早いからという理由で、自分で解決しないこと。

日頃から愛情のやり取りを小さな行動で交換する場面を沢山作ること。

お願い上手の女性は彼の男性パワーを引き出し、伸ばすことができる女性です。

それでは、会うたびに美しく!!

合わせて読んで欲しい記事!
<5歳児が感じたい3つのご褒美とは?>

1.認めて欲しい
(詳しくはこちらの記事→「結婚する人だけが運命の人ではない−聞き上手な女性になる方法」

2.存在意義を感じたい
(詳しくはこちらの記事→「サラダを取り分けてあげる女性がダメ男を作る−お願い上手な女性になる方法」

3.ステイタスを感じたい
(詳しくはこちらの記事→「イケメンの話がつまらない理由−持ち上げ上手な女性になる方法」

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*