元カノの乗り越えられなかった壁を乗り越える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
exgirl2

育ちも価値観も違う二人がよい関係を築く為に、好きな相手を知ることはとっても大事。

彼の理想の女性像や彼が女性に求めることを知る手がかりは、「元カノ話」にあります。

前回は、彼が話す「元カノの話題」で彼が男性として一番満たされたい感情を知ることができる話しをしました。

前回のブログはこちら→元カノの話は彼の最高の攻略本として聞く

そして今回は、

「元カノとどうして別れたのか?」その理由を知ることで、彼が大事にしている価値観が分かります。

付き合い初めの時って、「前に付き合ってた人がいたのはいつ頃?」や「なんで別れちゃったの?」という質問はお互い聞きやすいですよね。

私の経験では、元カノと別れた理由を聞いて、「その彼女はあり得ないね、別れて当然だね」と思うようなサイコ女はいませんでした。自分が選んだ彼氏ですから変な女の人は選んでません。

別れた理由は例えば、

・会いたい会いたいとうるさかった
 →監視されすぎるのは嫌い

・デートでオレがお金を払うのが当たり前になっていて重くなった
 →依存されるのが嫌い

・感情の起伏が激しくて疲れた
 →自分のペースを大事にしたい、もっと女性に癒されたい

・結婚とせがまれて苦しくなった
 →自分のペースを大事にしたい、仕事が軌道にのるまで待って欲しい

上記の理由をみても、同じ女性として「そういう態度になっちゃうの、めちゃ分かる!」というものばっかり。

つまり、彼が元カノと別れた理由を知らないとあなたも同じ地雷を踏むことになります。

元カノたちが乗り越えられなかった壁に気づいた時、あなたは分岐点にいるのです。

同じ地雷を踏むか? or 上手く避けるか?

この時、元カノと違う態度が取れるかがが試されるのです。

・会いたい会いたいとうるさかった
 →彼が自分の世界の全てにならないように、自分の世界を持ち自分の満たされたい欲求を彼以外で満たせるように仕事や趣味や交流関係を拡げる。

・デートでオレがお金を払うのが当たり前になっていて重くなった
 →常に「ありがとう」を忘れない。何かしてもらったら笑顔を絶やさない。当たり前なことはひとつもないと心に免じる。

・感情の起伏が激しくて疲れた
 →相手に依存しない、自分の軸を持つ。「自分の気分をよくするのは彼の役目」と思っているからイライラする「自分の気分をよくするのは自分」と考えれば、自分で対処法をみつけられる。

・結婚とせがまれて苦しくなった
 →結婚という単語を出す前に、彼が守りたいと思う女性になる。

男性は過去の女性の記憶から「理想の女性像」を持っているくらいだから、過去を引きずっている、忘れられないで記憶に残している人が多い。

・彼の過去の体験から傷ついた部分をどれくらい癒やしてあげられるか?

・彼が満たされたいポイントを的確に満たしてあげられるか?

この2つがいい関係を築くポイントになります。

彼の過去の女性とあなたはそんなに変わりません。
変わるのは、彼のポイントを知っているかしらないかの違いです。

過去の女性たちに感謝することで、更によい関係が築けます。

だから、元カノたちを敵対視するんじゃなくて、心の中で感謝しましょう。

不思議なことに、あなたの心の中で元カノへの敵対心がなくなると、自然に彼も元カノの話題を出さなくなります。

元カノの話しがでなくなったら、彼はあなたによって満たされはじめた証拠です。

それでは、会うたびに美しく!!

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*