いいセミナーの選び方パート4 メンターとの付き合い方編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
mentor

前回のブログでは、いいセミナー講師の選び方というテーマで質問タイムの活用についてお話しました。

今回は、「この人からもっと学びたい!」というメンター候補に出逢った後の行動について。

セミナー内容を超えて、講師の人間的魅力までも取り入れたいなと思う講師との出逢い。

それは、本を読むだけでは絶対に得られない価値。

身体中の毛穴のすべてから講師の出す魅力を吸収できる、五感をフル活用した学びと体験に詰まっています。

こういう素晴らしい講師との出逢いがあるから、セミナーって大好き。

私が「この方ともっとお近づきになりたい!」と思った時に取っている3つの行動があります。

1)本をその場ですぐ買う

講師の方が本を出していたら、その場ですぐにAmazonで購入します。

そして講師の方に「今Amazonで買いました!」と画面をみせて伝えます。

「本買います!」という人は山程いますが、実際にその場で本を買う人は少ない。

私も自分の本を出版して感じたことなんですが、

自分の本をその場で買ってくれるってすごく嬉しいこと!

社交辞令じゃなくて、本当に興味を持って受け入れてもらえたんだって感じます。

2)本を読んだらすぐに感想を送る

セミナーが終わった日の夜、又は、翌日までに必ず本を読みます。

もし1)で既に本を買っている場合は、その場で本の感想をお伝えします。

その時に一番大事なのが、

心に響いた点をひとつだけ簡潔に伝える。

長ったらしく感想を書いたらダメです。

なぜなら、本を読んですぐに言える感想なんて、他の人の感想とそんなに変わらないから。

本の感想を沢山受け取っている講師にとっては全部同じに聞こえます。

ここで一番大切なのは、

「本を買って読みました」という証拠。

それは次の3)につなげる為の伏線です。

3)本から得た知識や気づきで行動をかえ、数日後、数週間後、講師との出逢いが自分にどんな成長をもたらしたのかお礼と共に伝える

これが一番大事です!

セミナーに参加すれば、本を読めば、誰だって感想くらい持ちます。大人ならそんなこと当たり前です。

だから感想をいくら伝えても講師にとってそんなにインパクトはない。

本物の講師は
自分の存在で目の前の人をよくしたい。

相手が変わるキッカケになりたい。

本やセミナーで得た気づきで新たに行動した結果、うまくいったことを報告してくれて、感謝してくれることが一番嬉しく、やりがいを感じるのです。

「えりさんはなんで、あんなすごい人と知り合いなんですか?」

とよく聞かれますが、私はただこの3つの行動を自分の気持ちに素直に従ってやっているだけです。

女性の性を使って媚を売ることもしなければ、何か特別なコネがあるわけでもありません。

どんなに尊敬する素晴らしい講師やメンターも一人の人間です。

「自分が誰かの役に立っていること」

を嬉しく思わない人はいません。

講師の存在価値を最大化する行動が、

私の考える、講師やメンターとの正しい付き合い方。

この方と出逢って自分はどう成長し、どのように社会にお役に立てるか?

自分を通して、講師の方の知恵をどのように社会に循環できるか?

その視点を持っていれば、どんな素晴らしい方と出逢っても怖気づくことはありません。

次回は、最後のパート。

メンターは何を望んでいるのか?について書きますね!

それでは、会うたびに美しく!!

———————————

【Podcastがまもなくスタート!】
植村絵里の恋愛相談「男はみんな5歳児である!」がまもなくはじまります!

詳細はメルマガで流しますので、まだの方は登録をどうぞ↓

女性専用メルマガ「会うたびに美しく」はこちらから↓↓↓↓↓
https://goo.gl/JVwBdc

男性専用メルマガ「会うたびにモテモテ」はこちら↓↓↓↓↓
https://goo.gl/bzxoBn

【私の本がKindle Unlimitedに選ばれました!】
今なら0円で読めるのでこの機会に是非♡

タイトル:「私の離婚の理由」
内容:現代女性の新幸せ論「女性の自立とセルフラブなど21のコラム」

ダウンロードはこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VS8S

【植村絵里のFacebook】
https://www.facebook.com/uemura.eri

【植村絵里のInstagram】
https://www.instagram.com/eripeco/

【植村絵里のTwitter】
https://twitter.com/eripeco_uemura

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*