Wonderful Person「役目」

アシスタントの生き様から気づいた「内側と外側への6つのリーダーシップ論」

20170412013320
私のアシスタントが、自らの意思で3日間の研修合宿に参加してきた。 本当は4日間の研修で、 4日目の最終日は3日間の優秀者10名のみが選抜されるということを事前に聞かされていた。 私からの事前の命令は「絶対に10人に選ばれなさい」というもの。 しかし、今回は惜しくも3日間で研修を終えて帰ってきた。 泣きながらの電話 10人の選抜メンバー発表直後、泣きながら私の携帯に電話が……

当たり前のことについて

thank-you-poem
家事、洗濯、掃除、料理。当たり前のこと。 仕事と遊びと社交に精を出していた20代の時は、 すごく鬱陶しく感じていたものが、 今は一番大事だと感じます。 これを毎日継続していくこと。 そうすると、いつの間にか、物事の本質がわかってくる。 これは、真実です。   私の尊敬する算命学の先生は、お弟子さんに、 「算命学の本は読まなくていい。 ……

ルーツに興味が出るとき、「縦」という軸に気づきはじめるとき

20140929161904
「なぜきものを着ているのか?」 この質問をよく受けるんですが、 (現代で急にきものを着はじめたらみんな疑問に思うのは当然で、そりゃそうなんですけど) この質問を受ける感じって、 「なぜ離婚したんですか?」 と質問される時に似ているなって。   きものを着はじめたのは直感で、 離婚したのは直感ではないけれど、 どちらも、明確な「これとい……

女性が起業する時に一番大切な自分への質問

1
女性が起業する時に、考えるべき一番大切なことは、 世の中のニーズとかビジネスモデルではありません。 本当に成功しちゃった時に、幸せかどうかです。   一般的に、 起業する時は、まずどうにかして起ち上げることだけを考える。 伸びる市場、世の中のニーズ、業界の動向、社会の行く末。 そして、 事業が起ち上がった後は、軌道に乗せることを考える。 ……

想いが伝わる話し方の秘密

541072.TIF
ポッドキャストのリスナーさんから下記の質問を頂きました。 えりさんは話をするときに心がけていることはありますか? いい声や話し方などが上達する方法があれば教えてください。 内容よりも「想い」が伝わることが大事 話しをする時の心がけ、それは、 台本やスクリプトなど事前準備をしないということです。 驚かれると思いますが、台本がない方が絶対に伝わります。 ……

間がいい人と間が悪い人の違い

間がいい人
↑「間のいい人」についてのブログを書いていた時に、お菓子に手が伸びそうになった瞬間にスタッフが焼き芋を買ってきてくれたという間の良さ! 間違いの本当の意味 日本語ってすごいなって思います。 言葉を見ればその本当の意味がわかるから。 「あー間違っちゃった!」って良く使うけど、 「間違い」という言葉を見ると、 やっていることが違うのではなくて、「間」が違っている、という意味……

恋と革命

903f6a382e903ace76d4574d4817ea89-2
激しい恋という幻想 私たちは小説や歌で「激しく燃える恋」こそ本当の恋だと幻想を植え付けられている。 でも、これこそが、いい恋愛を遠ざける元凶。  I can’t live without you. 共依存の姿であって、堕落。 非日常的で激しくないとドラマにならないから。 だけど、  いい恋は穏やかだ。 相手がいなくなっても生きていける 精神……

日本語書籍の英語翻訳への挑戦と気づき

emd_blg
Kindleで英語翻訳本を出版しました。 自分の考えを書いた日本語本を英語翻訳する過程で見えてきた世界があります。 ただ日本語を英語に直訳すればいいわけでない 私の本のタイトルは「私の離婚の理由」 直訳すれば「The Reason of My Divorce」となるわけですが、英語圏の人たちからしてみれば、 「離婚(Divorce)することに理由(Reason:言い訳や弁……

「戦略的一番」なんでも、素早く、一番初めにやる

Hands raised in classroom
オンラインマガジン「Project Dress」での第一回目の連載は 「戦略的気配り」という私が20代から意識している人生戦略について書きました。 まだ読んでない方は是非読んでくださいね。 コラムはこちら→「戦略的気配り」で人の本音をデータ化、かわいがられる人になる 私は日々、沢山の「戦略」を考えて実践しています。 そう言うと、すごい計算高い女のように思われるかも……

「Dress」でコラム連載が決定しました!

carrie-with-her-mac-001
SATCを20歳の頃に見て以来、主人公のキャリーみたいに、自分の体験や物事を客観的に分析して、考えを文章にして雑誌に連載する「コラムニスト」のお仕事をいつかしたいという夢がありました。 その夢が叶う時がきました! 12月中旬から、女性誌「Dress」のオンラインサイト「project Dress」でコラムを連載させて頂くことが決定しました。 嬉しい!! 事の始まりは、WEB……